【グンマー帝国】未開の地と呼ばれるグンマーの元ネタは?一揆も起こる?

「グンマー帝国」としてディスられている群馬県には、「田舎」「何もない」というネガティブなイメージを持っている人も多いですが、それを逆手に取った自虐ネタが爆笑を読んでいます。ここでは、グンマー帝国の由来やネタをまとめました。これを読めばグンマー帝国の虜に!

この記事をかいた人

アウトドアが大好きです。近くに山や海がある為のびのび暮らしています。

グンマーとは

パッと見、この帝国について知らない方は、グンマーと言っても何の事だかわからない方もいらっしゃるかと思います。グンマー=群馬です。なぜグンマーと呼ばれているのか、なぜそこまで群馬が話題になっているのか、その秘密を探っていきます!

群馬県のネタ的な表現

4753994 / Pixabay

日本列島の関東方面に位置する、独裁国家と言われています。場所は埼玉県の北側にあります。群馬県の事を蔑称として『グンマー』と呼んでいるのです。語呂の響きはそのままですが、文字にすると不思議とどこかの国の名前のように見えます。

正式には「グンマー帝国」

群馬といえば、と言われるとイメージするのが、「ド田舎」や、「何もない」そんなイメージをしてしまいます。ですがそんなイメージを逆手に「未開の地」と捉え、あらゆる可能性を秘めていることから、グンマーと名付けられました。正式には『グンマー帝国』です。

「グンマー帝国」とは

さて、グンマー帝国が群馬県ということは判明しましたが、実際どういうネタで親しまれているのか、みんなで創りあげられた帝国はどのような国なのか、おもしろいネタにどっぷり浸かってみましょう。

文明とかけ離れた未開の地

謎多き帝国としてこのグンマー帝国の民族はほとんどが裸で暮らしていたり、食料調達には狩りをして自給自足をしている、等、文明とかけ離れたイメージを持たれています。また、一説によれば軍事機密を抱える危険地帯として存在しているとのことです。

興味本位で近づくと危険?

興味本位で調べてみると「不思議なチカラに触れて死ぬ」と言われています。安易に近づこうとすると不思議なチカラによって死んでしまうというジンクスがあります。「何かちょっと気になるな」と軽い気持ちで近づくと命に危険が及ぶとされています。

グンマー帝国の元ネタは?

そもそもなにが発端で面白い帝国説が広がるようになったのでしょうか。これほどまでに有名になったのですから、きっとインパクトがある元ネタに違いない!ネタの発信源は、ネット掲示板で有名な2ちゃんねるで上げられた記事でした!

2ちゃんねるの記事

NEXT 2ちゃんねるの記事