今も愛されるトップウォーターとは?釣り方&コツをご紹介!

トップウォーターのルアー

特徴のあるいろんな種類のルアーがあります。環境に合わせてペストなルアーを選択することで、トップウォーターの成果上がります。トップウォーターで成果をあげるのは難しいともいわれますが、ルアーのアクションを理解する事によりトップウォーターをより楽しめます。。

ホッパー

口元がカップ型のルアーです。着水させそのままで軽くたたくと、と小さなポップ音と共に小さい水しぶきが起こりパスを誘き寄せます。着水してからポーズをとり波紋が広範囲に広がるのを待ちます。あとはポップ音を立てながら巻き寄せるのですが、定期的に長くとらないようにポーズをとります。

ペンシルベイト

口元が丸みを帯びた円錐状になっています。フローティングペンシルとシンキングペンシルの2種類があります。フローティングペンシルはロッドアクションによって小魚が水面を逃げ惑うような動きをします。トゥイッチアクションすることで頭を振りながら泳ぐ動きをします。シンキングペンシルは着水すると沈みますが、巻き始めの立ち上がりが早いので、ドッグウォークをします。

スイィシャー

プロペラがついたプラグで、プロペラが回転することで水しぶきや独特の水流を起こします。スレて反応がない場合や、ボイルでバイトできない時、風で水面があれている時に有効です。プロペラがリアフック側についたシングルスイッチャーと前と後ろについたダブルスイッチャーがあります。シングルスイッチャーはトゥイッチすると左右に首を振るテーブルターンができます。ダブルスイッチャーはショートジャーク以外にロングジャークをします。

ノイジー

種類としてノイジー系とクローラー系があります。ノイジー系はカップがついて動くと水面を騒がしくなります。トゥイッチすると水しぶきとポップ音がでて、ルアーの存在を気づかせます。クローラー系はルアーの両側に羽があり、ただ巻きでクロールしガシャガシャ音を立てながら動きます。またルアーを巻かないで、水面でチョンチョンと波紋を広げると、水に落ちた虫などの演出をします。

フロッグ

スナッグレス(根かかりしない)が一番の特徴です。リリーパッドやオーバーハングの枝の場所で、根掛かりしないことで、ガンガン攻められます。しかし根かかりが少ないことはまた針掛かりの悪さになり、ルアーのすっぼぬけなど発生します。

トップウォーターの醍醐味

トップウォーターにとって水面付近にいる魚を水しぶきをあげながら釣り上げる事が一番の醍醐味でしょう。ルアーに近づいてくる魚が見え、バイトの瞬間はドキドキします。あわててフッキングして針が掛からないということもありますので、一呼吸おいてからフッキングしましょう。

トップウォーターのメリット

バイトの瞬間を目で見えることができるのか。トップウォーターの一番のメリットでしょう。いろんなルアーやロッドを選び、バスがバイトするような動きをして、バイトした瞬間の喜びを味わえることだと思います。半面トップウォーターは他の釣りより難しいとされていますので釣るまでの過程で十分楽むことができます。

トップウォーターのデメリット

半面デメリットは季節が限られているのがトップウォーターです。暖かくになる季節以外のシーズンオフは全く釣りを楽しむ事は出来ません。チャンスは日中の暖かいシャローならがあるかもしれませんが、難しいです。夏でも朝一か夕方ぐらいしか狙い目がありません。日中は暑すぎてもバスの動きが低いです。つまり環境に左右されることがトップウォーターの釣りの難しいとこですが、これがトップウォーターの魅力の一つでもあります。

NEXT トップウォーターの時期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です