生きたメキシコとは衝撃のグロ動画!残虐事件の背景はメキシコ麻薬戦争

生きたメキシコの内容③生きたまま四肢切断

Comfreak / Pixabay

生きたまま切断されるという今までより一番痛みが分かりやすいこの動画が最後の動画の紹介です。今までの動画よりは出血は少ないですが変わらないほどに残酷な動画になっています。

後ろ手に縛られた男性

今までは上半身裸でもズボンは履いていましたが今回はズボンも履いておらず上半身裸に下着のみで外で縛られています。男性の髪を掴むと上を向かせて、動いたら首を切り落とすという脅しなのかいきなり喉元にナタを突きつけます。

両足首をナタで切断

cnick / Pixabay

首にナタを当てたと思ったら次の瞬間にはいきなり勢いよく振りかぶって、ナタで足首を切断します。一瞬の出来事に思わずビックリして声が出てしまうほどの早業ですが怖いのはここからで、一撃で切り落とせずに少し足首がつながっているのを手で無理矢理引きちぎっています。

根元から腕をギコギコ切断

足首を引きちぎり終わると次は男性を地面へ寝かせて右の腕を脇の下からナタを通してゆっくりと前後に動かして切り落としました。腕一本と足首を切り落とされて抵抗できないのか反対の腕を切り落とされるときは虫の息といった感じで抵抗が少なくなっています。

生きたメキシコの残虐動画がアップされ続ける理由

ijmaki / Pixabay

生きたメキシコとは動画一つを指しているのではなく麻薬組織による殺人の動画の名前というのは説明しましたが、これらは止まることなく日々動画が増え続けています。消されてもまたすぐ他の動画が上げられる理由についてお話しします。

メキシコ麻薬カルテルによる見せしめ

Vitabello / Pixabay

消されても消されても上げ続けるのは麻薬組織による力の誇示、いわば見せしめです。動画以外でも見せしめを行なっていて遺体を切断して送りつける、街中に遺体を放置してわざと残酷な殺人を見せつける、橋に遺体をぶら下げる等の非道な行為もしています。

仲間の裏切りを牽制する

Pexels / Pixabay

恐怖で支配しようとするのは国民だけではなく同じ仲間であっても容赦はありません。仲間に対して裏切った場合はお前もこうなるといった牽制をして恐怖で支配して仲間の裏切り行為を防ぎ、組織の団結を図っています。

抗争する相手組織への牽制

Comfreak / Pixabay

関係のない一般市民や仲間に対しても容赦ないのですから敵対している組織に対してももちろん容赦なく残酷な行為をします。抗争している敵対組織に対しても恐怖を植え付けるために動画を上げて自分たちの力を示してどうなるかをアピールしています。

NEXT 生きたメキシコのような残虐な殺人が横行する背景