海外で起きた未解決事件20選!未だに解決されない恐怖の事件の数々

日本から海外まで、世界中で毎日のように起きているさまざまな事件。そんな中、未解決のまま解決されずに残っている“未解決事件”も数々存在しています。今回は海外で起きた未解決事件に焦点を当て、連続殺人事件や失踪事件などジャンル別に詳しく紹介していきたいと思います。

この記事をかいた人

テニス・旅行が趣味です。 共感できる内容や魅力のある記事を紹介したいと思います。

世界中で巻き起こる未解決事件!海外編について紹介

PIRO4D / Pixabay

日本にも未解決事件はまだ多く残っていますが、海外でも日々多くの事件が発生しておりその中でも海外の未解決事件は数えきれないほど多く残されています。捕まることなく未だに逃げ切っている犯人が多くいます。

犯人が不明のまま年月が経っているものもあれば、事件そのものが謎に包まれた殺人事件や失踪事件なども数多く存在しており現在の科学の力をもってしても解明されていない謎の事件が海外にはあります。

海外では猟奇的なシリアルキラーによる事件も多発しているため、誰もが知る有名な事件から風化により人々の記憶から忘れかけられている事件など様々あります。海外で起きて未だ謎に包まれている未解決事件について迫っていきます。

ここでは海外で発生した未解決事件を紹介していきますが、日本で起きた未解決事件に興味がある方はこちらの記事を御覧ください。

海外で起きた未解決事件20選【連続殺人事件編】

geralt / Pixabay

まずは、海外で起きた未解決事件で誰もが1度は耳にしたことのある事件を4つ紹介していきます。どれも海外の犯罪において有名な未解決事件となっている為1度は耳にしたことがある未解決事件が多いでしょう。

それぞれ海外で発生した未解決事件に関して被害者の数や犯人と思われる人物像、犯人の特徴、海外の警察の捜査方法などについて詳しく説明していきます。

現在も捜査中?劇場型犯罪「ゾディアック事件」

まず1つ目に紹介する海外で発生した事件で、現在も未解決事件となっているのは1968年から6年間の間にサンフランシスコ周辺で最低でも5人の男女が殺害された事件になります。

被害者はカップルでいるところ襲われているケースが多く、カップルを狙って犯行を行っていたのではと言われています。また、この未解決事件は犯人と思われる人物が警察やマスコミを挑発するように犯行声明文を多数送りつけています。

海外の犯罪において劇場型犯罪の代表格の1つとも言われています。現在でも捜査は継続されており事件から50年以上経過していますが、今もなお犯人や事件に関する証言など数多くの情報が寄せられています。

この未解決事件は1981年に別の事件で逮捕された容疑者が、未解決事件となっていたゾディアックではと目されていましたが、手口が違うほかにも物証にも食い違いが生じていたため真犯人ではないと判断されました。

1990年代にニューヨークで同じような事件が発生しアーサーという男性が容疑者の候補として浮かんでいましたが、彼は死亡していた為逮捕されていません。

彼が犯人ではと裏付ける証拠もいくつか出てきたのですが、新聞社等に送り付けられた手紙のDNAとは一致しなかったため無実となりました。

qimono / Pixabay

未解決事件となったまま47年が経過した2015年元保安官が別の事件で受刑中のデニスという人物が真犯人であると発表します。しかし断定できる証拠はないため、事件解決とはならず未解決事件の1つとして残っています。

カップルがターゲットに「フィレンツェの怪物事件」

次に紹介する海外で発生した未解決事件は、恋人同士でいるところを狙われた事件で、耳馴染みの名称としてはフィレンツェ怪物事件と呼ばれ、この未解決事件もまた海外で起きた未解決事件の中では名前が知られている1つです。

1968年から1984年の6年間に5組のカップルが殺害されますが、犯人を突き止められず未解決事件となっています。一番最初に犠牲となった2人が使用していた車には少女が乗車していましたが、眠っていたため、被害を免れました。

警察は1件目の事件の際、車に一緒にいた少女の父親、被害にあった女性の夫が容疑者として浮上し1970年に懲役13年の刑が下されましたが冤罪であったことが判明しています。

Alexas_Fotos / Pixabay

2件目と3件目に犠牲となった男女はほぼ全裸状態で女性はメッタ刺しの上に膣に異物を混入されていたり切り取られているなどされている異様な状態でした。連続殺人との見方をしていなかったため、個々での事件であると考えていました。

ところが、4件目の事件が発生した際に犯行に使用された銃の検査を行ったところ全て同じ銃から発射されたことが判明し4つ目の事件を持って同一人物による犯行と断定されることになりました。

最後の事件は1984年でこの事件の後プツリと犯行は途絶えることになりました。女性から切り取った性器を検事あてに送り付け最後の挨拶として姿を消すことになりました。

Free-Photos / Pixabay

警察は69歳の男性を犯人として逮捕しますが、男性は無罪を主張し続け1998年に心臓発作により死亡しています。これにより事件の真相は闇に葬られてしまい未解決事件となりました。

この事件が未解決事件となったのは警察の初動捜査のミスと最初に逮捕され有罪となった男性に対して冤罪を認めず共犯者の説を捨てることができなかったことと連続殺人事件だと確信するのが遅すぎたことが未解決事件となってしまった要因であると考えられています。

最も有名な未解決事件「切り裂きジャック事件」

海外での未解決事件で一番有名なのはやはり100年以上も犯人が突き止められず未解決事件となっているホワイトチャペル連続殺人事件でしょう。この名称では思いつかない人も多いかと思いますが、切り裂きジャック事件と聞くと誰もが聞き覚えのあるものでしょう。

1988年わずか3か月の間に5人の娼婦が殺害され1日に2件の犯行を行った日もあります。捜査には多くの警察官が動員され徹底的に容疑者や事件に関する証拠などを集めましたが未だに多くの謎を抱えたままの未解決事件になります。

イギリスロンドンのスラム街で5人の娼婦が惨殺された事件になります。被害者の娼婦は鋭利な刃物で喉を切り付け殺害した後に犯人は腹部を開け子宮や膀胱などの臓器を取り出すというイギリス中を恐怖に陥れた事件になります。

ROverhate / Pixabay

臓器などを綺麗に切り取っていることから、犯人は医学や解剖などの知識に精通している人物ではと言われており医療関係者が徹底的に調べられたと言われています。また犯人は男性であると思われている為、犯人に対してジャックという名前が付けられていますが実は犯人は女性という説を唱える学者もいます。

100年以上犯人を突き止められていませんが、現在も容疑者リストは存在しており容疑者の名前は付けくわえられ続けており現在でも多くの学者たちによる論争が巻き起こっています。

100年以上も犯人が不明の未解決事件は他の海外でも類を見ない事件であり、犯人の海外逃亡説や隠ぺい説なども多く存在しています。

死体を隠さない犯人「デイトナビーチ連続殺人事件」

NEXT 死体を隠さない犯人「デイトナビーチ連続殺人事件」