「電話が怖い」のはなぜ?その心理やシーン別克服方法を徹底解説!

電話口での言い間違いや対応ミスを周囲から馬鹿にされた

PaliGraficas / Pixabay

オフィスワークや飲食店など業種が異なる仕事やバイトであっても共通するのが、周囲の人が忙しそうにしていた為、仕方なく電話に応じた場合の失敗エピソードです。

慌てて電話に出てしまった為に言葉を噛む、敬語が乱れてしまうなどして思うように対応する事が出来ずに失敗します。

それを周囲で聞いていた人からバカにされてしまったという苦い思い出や怖い思いがあり、電話に対する怖いという感情がより強まってしまう人も多く存在します。

電話相手から激しく怒られた

MIH83 / Pixabay

仕事やバイト中に取引先や客先からかかってきた電話に対応したものの、怖いという思いや緊張の余り失敗してしまうケースも多いです。

言葉が拙くなってしまったり、敬語が乱れしどろもどろになってしまったなど電話が怖いという人にはあるあるなエピソードです。

その会話を側で聞いていた先輩や電話口の相手から、その対応について怒られた経験がトラウマになり、自分はやはり上手く対応出来ないんだと決めつけて怖い感情を克服出来ず更に落ち込んでしまいます。

電話でバイトや仕事のクビを言い渡された

Antranias / Pixabay

通常であれば従業員を解雇する場合に電話越しにクビを言い渡すというケースはあまり考えられません。しかし、職場に著しい損害を与えた場合や、ブラックな職場であればそんなケースが全くないという事もありません。

電話を怖いと感じる人であれば、電話もまともに取れない自分は会社に貢献出来ていないと考えてしまいます。

電話越しでの解雇通告を受け入れてしまい、克服どころか、その出来事自体がますます電話そのものに対する怖い思いを増長させます。

コールセンターのやり取りでストレスを感じた

mohamed_hassan / Pixabay

何かを購入した時、または何かしらのサービスを受けた際に困りごとが発生してコールセンタ―に電話をした事がある人は多いです。

しかしその際にセンター側の対応が冷たかった、ずさんな対応を取られたなどで電話をかける行為が怖い記憶となりトラウマになってしまうケースもあります。

また、コールセンターで勤務した経験がある人は、電話口で客から暴言を吐かれたなどの経験がトラウマになる更に電話が怖いとなってしまう場合もあります。

店や病院の予約がうまくいかなかった

Anemone123 / Pixabay

美容院やかかりつけの病院など、生活の上で最低限電話が必要な場所も多いですが、その際のアポイントがうまく取れず要望が実現しなかったという経験から電話を怖いと感じる人もいます。

美容院であれば互いのスケジュール、病院であればある程度自分の症状を相手に伝えることが必要ですが、電話越しの会話が苦手な為に意思の疎通がうまく出来なかった事が怖いという記憶になるケースです。

家庭内や職場で電話対応を厳しく教育された

mohamed_hassan / Pixabay

それぞれの家庭によって電話に対応する枕詞などが異なる場合もあり、しっかりとした受け答えが出来ない場合、親に叱責されるケースもあり、その出来事が怖いという感情を植え付ける事もあります。

また、家庭内での事であればまだしも、仕事やバイト中での電話対応では会社のイメージにも大きく関わる為、新人時代に過度な教育を受ける場合もあります。

その時の経験が電話を怖いと感じる原因になりうる事もあり、怖い気持ちを克服するには長い時間がかかってしまいます。

「電話が怖い」を克服するにはまずは気持ちから!

geralt / Pixabay

そもそも、電話が怖いと感じる人の共通認識は、電話の向こうに居る人が誰だか分からない、どんな人物で、どんな要件で電話をしてきたのだろうという分からない事尽くめで怖いという心理です。

しかし、相手がどんな人物か分からない状況は電話を不得意に感じていない人でもある程度の緊張感や怖い思いは抱きます。そこで、電話に対する怖いという感情を少しでも克服する為の解消法をいくつかご紹介します。

「相手は生身の人間だ」ということを忘れない

MelanieSchwolert / Pixabay

まずは、第一の不安である相手が誰なのかよく分からないという怖い感情を克服します。電話の向こうに居る相手を想像して、「よくわからない何かと話している」という怖いイメージを払拭しましょう。

声色や話し方である程度の性別や年齢が想像出来ると思います。さらに、可能であれば一度実際に会ってみると、それ以降本人をイメージ出来るので会話が多少スムーズになり、怖い感情への克服の一歩へ繋がります。

NEXT 「自分は電話で役に立つことをしている」と自負する