坊主の長さ一覧まとめ!自分に合うかっこいいベストなおすすめ長さは?

3mmあればレザーアートも可能

「レザーアート」はどこでもやっている技術ではありません。「坊主」あるいは「借り上げ」の断面に見事な絵画を描くこの技術は、興味を持った技術者にしかできなものです。

しかもかなりの練習が必要ですので、評判の良いところに行く必要があります。絵を描くのは「バリカンの刃」や「剃刀のレーザー」ですから危険も伴います。

長さとしては「3ミリ」あれば十分ですので、雪のある人は挑戦してみてはいかがでしょうか?くれぐれも「慣れたところで」してもらいましょう。

白髪を抜くデメリットに関する記事はこちら

坊主頭のメリット

「坊主頭」のすることによりいくつかの「メリット」を得ることができます。「清潔」だとか「男らしい」だとか、よく言われます。他にも「衛生面」や「整髪料がいらない」などの「コスパ」面からも利点があります。

それらのメリットをいくつか取り上げて、自分にも当てはまるのかを考察しましょう。

坊主のメリット①髪のコンプレックスが解消される

短くすることにより「髪の薄毛コンプレックスが解消される」のです。理由は短くすると色彩が揃い濃淡が目立たなくなる」ことで解消されます。

結果、髪型を気にしなくなります。これだけでも「ストレス軽減」が達成されるでしょう

坊主のメリット②坊主はセット不要!

Jo_Johnston / Pixabay

これは「手入れが必要でなくなる」ということはだれにも予想はつくでしょう。「シャンプー」もすこしで済みいつも清潔です。

風呂上りは「タオルでゴシゴシ」でいいので便利です。

坊主のメリット③坊主は男らしく見える!

ArtisticOperations / Pixabay

坊主がよく似合う多くの「芸能人」はみんな「男らしい人」が多いです。高校野球の「球児」がかっこいいのも「男らしさが」前面に出ているからでしょう。

坊主頭イコール「男らしさ」ではありませんが少なくとも「見た目」はだれもがそう思うでしょう。

坊主頭のデメリット

どんなものにも「良い面と悪い面」があります。坊主頭にもいくつかの「欠点」があります。「バリカン」で「えいや!」とやる前に「坊主にするデメリット」を知っておきましょう。

やるのはそれを知ってからでも遅くはありません。

坊主のデメリット①外部からの刺激に弱い

Ben_Kerckx / Pixabay

坊主にするということは「前面刈り上げ」にすることです。よく刈り上げをすると「頭がすーすーする」といいます。その部分は「涼しく」なります。ということは「地肌がでる」ということです。

本来、髪は「頭部を守る」ためにあります。坊主にすると地肌はむき出しになり「外部からの刺激に弱く」なります。特に日焼けや寒さ、怪我や虫刺されなどに注意する必要があります。

坊主のデメリット②まだらに伸びる

坊主のデメリットに「まだらに伸びる」というものがあります。何故でしょうか?バリカンで刈るとどんな長さでも、「均一」になります。それが伸びてくると髪は「一様」に伸びると思います。

しかし実際は違います。「髪の毛の伸びるスピードは場所のよって違う」のです。そのため、どんなスタイルも「刈りたて」はやや不自然です。2週間ぐらいすると、自分本来の長さに自然になります。

「丸坊主」も場所によって伸びる早さが違うので「不揃い」になります。揃っているのが特徴のスタイルが「まだら」になるのは仕方がありません。



NEXT 坊主のデメリット③顔のパーツがハッキリしてしまう