菊容子殺害事件の真相は?犯人藤沢陽二郎の現在や石ノ森章太郎との噂も

1970年代の人気女優菊容子さん。彼女は、恋人で駆け出しの俳優・藤沢陽二郎さんに殺されてしまいました。悲劇にも殺害のきっかけは浮気の勘違いでした。そんな菊容子さんは実は特撮の神・石ノ森章太郎さんの愛人の噂も。今回は菊容子さん殺人事件についてご紹介いたします。

この記事をかいた人

自然が大好き。多分野に興味があります。楽しい情報をみなさんにお届けします。

人気女優「菊容子」さん殺人事件とは?

1975年4月29日、あるニュースが報道されます。女優の菊容子さんが自宅で亡くなっているのが発見されたのです。ベッドの上であおむけで倒れていた彼女の首には、絞殺された痕がありました。

元交際相手に殺害された菊容子さん

stux / Pixabay

被害者の菊さんは当時ファンを増やしていた時の人。そんな菊さんが殺された衝撃的な事件な犯人として逮捕されたのは、彼女が付き合っていた藤沢陽二郎さんでした。一度は愛し合い、結婚も夢見たはずの2人。しかし、そこには数々のすれ違いから殺人にまで至ってしまった悲しいいきさつがありました。

他にも女性が殺害された事件に興味がある方は、こちらの記事もご覧ください。

特撮界隈で有名な女優だった

事件当時、菊さんは24歳。女優として人気を博してきた時期でした。一番有名な出演作品は、ヒロインの月ひかるとして主演した「好き!すき!!魔女先生」。

そのほかにも数々のテレビドラマや映画、テレビ番組に出演し、清純派女優として人気を集めていました。モデルデビューは6歳の頃で、若いながら芸能界での経験も長く、特に特撮界隈で有名な女優として知られていました。

菊容子さん殺人事件の概要①事件発生

anaterate / Pixabay

人気女優が殺害された事件として世間を沸かせたこの出来事。将来のある貴重な女優を1人失った悲しみは、大きなものでした。一体どのようにして菊さんは殺害され、それが明らかになったのでしょうか。

事件直前、菊容子さんは父親と電話していた。

Alexas_Fotos / Pixabay

事件がおきた4月29日の午前3時ごろ、菊さんは実の父親と電話で話していました。電話の内容は藤沢さんが自宅マンションに来ているということ、結婚の申し出を断りたいという相談でした。

父親はその時、「いやならはっきりと断れ」と助言したといいます。しばらく電話でやりとりをした後、菊さんは翌朝9時のモーニングコールを父親に頼んで電話を切りました。翌朝の舞台に間に合うようにとのことでした。

第一発見者は菊容子さんの父親

夜が明けた朝9時、菊さんの父親は頼まれた通り娘に電話をしましたが、応答はなし。劇場にもまだ来ていなかったため、合鍵で自宅マンションの部屋にはいったところ、菊さんが殺害されているのを発見しました。

発見時にすでに息はなく、首に絞殺痕があったため、父親はすぐに娘は殺人事件に巻き込まれたとわかり、110番で警察に通報しました。

菊容子さんは電話のコードで絞殺されていた

cocoparisienne / Pixabay

父親の110番を受けた警察が菊さんの自宅に到着したとき、菊さんはベッドの上で亡くなっていました。首には赤い紐状の跡が残っていました。

のちに藤沢容疑者は「両手で首を絞め、その後電話線のコードで絞め殺した」と供述しています。菊さんの死因は、この電話線のコードで首を絞められたことによる窒息死でした。

菊容子さん殺人事件の概要②犯人は交際相手の藤沢陽二郎

NEXT 菊容子さん殺人事件の概要②犯人は交際相手の藤沢陽二郎