ヒラメワームの選び方&使い方セレクション

ヒラメワームの選び方③ワームの仕掛け

ジグヘッドリグ

ジグヘッドとは、重りとワームが一体化しているものです。針が上を向いてついているものが多く、根掛かりという海底の岩にひっかかる現象を減らしてくれます。ジグヘッドには重さがあり、水流や水深によって変えていきます。基本は3.5〜11gの使用をおすすめします。

中には、ダートと呼ばれるロッドを動かしてワームが左右に動く動作をしやすくするダート専用のジグヘッドもあります。通常のジグヘエッドはロッドを動かすとラインが引っ張られてワームが上下に動きますが、ダート専用のジグヘッドは、シンカーが水流を受けるよう作られているのでロッドを動かすとワームが左右に動きます。急深サーフなど足元から水深の深いサーフや、水深のある漁港の堤防などでヒラメを釣る時におすすめです。

ヘビーダウンショットリグ

投げ釣りの胴つき仕掛けをモチーフにしたリグです。ジグヘッドより遠投が効きやすく、ワームのレンジが一定の位置で保ちやすく、ジグヘッドにすれたヒラメに有効的です。

最近は、ヒラメが下から食いあげてくることを考えトレブルフックというヒラメ専用のジグヘッドも販売されています。

テキサスリグ

オフセットフックと呼ばれるワーム専用フックに糸が中に通るようになっているシンカーを組み合わせるのがテキサスリグです。最大の特徴は、針先をワームの中に隠すため根掛りがしにくいことです。ジグヘッドと違いシンカーが固定されていないため、ワームに食いついたヒラメに違和感を与えにくく、食いつかせておくことができます。また、ロッドにヒラメが食いついたことを知らせる振動がオモリで邪魔されないため、あたりを感じやすいです。

ただし、フックをワームを隠すことでヒラメが食いついてもヒラメの口に針が刺さる確率(フッキング)が難しいです。

おすすめのヒラメワーム

デュオビーチウォーカー

デュオビーチウォーカーハウルはヒラメ専用であり、専用のヘッド、ワーム、トレブルフックがセットになっています。セッティングが簡単なので初心者にもおすすめです。

ダイワフロッキージャンキー

ダイワのヒラメ専用ワームです。フロッキージャンキーロデム4は専用ワームと専用ヘッドを組み合わせて使い、トレブルフックを外すことなくワームの交換ができるのがおすすめです。

ヒラメワームの釣り方①トレースレンジ

ピンポイントを狙うのがポイント

ヒラメの釣り方でポイントはボトム狙いが大切です。底に近い位置を中心にトレースし、反応がなければ50cm〜1m浮かせてレンジを上げてみることもポイントです。底取りとただ巻きを繰り返し、たまに左右に動かしてヒラメに気づかせるのが大切です。

ヒラメワームの釣り方②タイミング

NEXT 鋭い歯で噛み付いてくる