釣りに必須!人気のおすすめフィッシュグリップ13選と正しい使い方まとめ

釣った魚を安全かつ簡単にもつことができるフィッシュグリップ。今やフィッシュグリップは釣りには欠かせないアイテムとなっています。その中でも特に人気があっておすすめのフィッシュグリップをご紹介していきます。正しい使い方もぜひ参考にして下さい。

この記事をかいた人

為せば成る・・・? 一つ一つお世話します!

フィッシュグリップとは?

釣り上げた魚の口を挟んで、針を外したり持ち上げたりする道具が”フィッシュグリップ”です。魚に直接触らないので、危険が避けられる上に簡単に持つことができて便利です。最近では釣りには欠かせないアイテムとなっています。

釣った魚を持つために使う道具

釣り上げた魚を素手で持つことは、危険もあり安全面でも推奨されません。そこで釣った魚を持つために使う道具が必要となります。その道具が”フィッシュグリップ”で、簡単かつ安全に魚を持つことができます。

なぜフィッシュグリップが人気なの?

一番の要因は針を安全に外したり、危険な鋭い歯をもつ魚や毒をもつ魚を安全に持てることです。また掴んだ魚への”ダメージ”が少ないので、リリースをする魚へは良い影響を与えます。さらに写真撮影時の見栄えが良いということも上げられます。”フィッシュグリップ”の人気の要因はこのような点です。

針を安全に外すことができる

釣り上げた魚が暴れたりすると、フックが手や体に刺さる可能性があります。抜きあげが基本となる魚も瞬時に掴むことができ、針を安全に外すことができます。危険を出来るだけ避ける意味でも”フィッシュグリップ”を使いたいところです。

鋭い歯をもつ魚や毒をもつ魚を安全に持てる

大きい魚は暴れるとかなりの力になりますし、鋭い歯やヒレなどで手を切る恐れもあります。フィッシュグリップがあると、鋭い歯をもつ魚や毒をもつ魚を安全に持つことができます。予め危険を避けるためにもフィッシュグリップを使いましょう。

写真撮影時の見栄えが良い

フィッシュグリップがあると、写真撮影時の見栄えが良いというのがあります。撮影する際に”フィッシュグリップ”があれば、手が写らないので魚を大きく見せることが出来ます。比較対象になる手が近接していないので、遠近感により大きく見えます。

魚へのダメージが少ない

人間の体温は魚にとって大変高いものであり、素手で触るとダメージを与えてしまいます。リリースを前提として釣る魚の場合は、魚へのダメージを抑えるという意味で”フィッシュグリップ”を使うのが重要です。手が臭くなったり、汚れたりもしないので一石二鳥です。

フィッシュグリップの選び方

NEXT フィッシュグリップの選び方