ウェーディングにおすすめなウェーダー15選|必要な装備やベストも!

ウェーディングは水辺に入って楽しむ釣りのことで、陸からではルアーの届かないところで釣りができたり潮の様子がダイレクトに伝わったりと魅力が様々あります。この記事ではウェーディングに欠かせないウェーダーのおすすめと共に、その他の必要装備も紹介します。

この記事をかいた人

釣り具店勤務してました。エギングやライトゲームが好きです!

目次

ウェーディングとは

そもそもウェーダーとは、服を濡らさないように水中に入るために使用する、防水仕様の胴長です。オーバーオールのような形のものから足だけを覆うものまで、ウェーダーには多様な種類があります。

ウェーディングとは水に入った状態で釣りをすること

ウェーディングとは、ウェーダーを履いて水辺に足を踏み入れて釣りをすることからウェーディングと呼ばれます。ウェーダーの足元はブーツのような形で、水中や磯場を歩くことを考慮してソールはスパイクやフェルトスパイクとなっています。

ウェーディングは釣りの幅が広がる

ウェーディングの良さは、なんといっても釣りの幅が広がるという点!普段は狙いようのない場所や、狙おうとも思わなかった場所も、ウェーディングにおいてなら容易に探ることができます。まだ見ぬ大物をゲットすることも可能になるかもしれません。

ウェーディングの注意点

思いがけず転倒してしまうことや流れに流されてしまうことには要注意です。釣場のリサーチを事前に済ませ危険な場所、立ち入ってはいけない場所をチェックしておきましょう。フローティングベストは必須です。また、スマホや財布をジップロックに入れるなどの工夫もしておきましょう。関連記事はこちらからご覧いただけます。

ウェーディングに必要な装備

ここではまず、ウェーディングをするために必要なものを、簡単にご紹介していきたいと思います。川や海など流れのある場所に入っていく以上、身を守るためにも装備は万全にしなければなりません。

ウェーディングに必要な装備①ウェーディングベスト

シマノ(SHIMANO) XEFO フローティングベスト タックルフロートジャケット (ベーシック) ブラック VF-272N フリーサイズ

Amazonで見る

ウェーディングべストはゲームベストとも呼ばれます。ルアーやスマホを収納でき、ラインカッターなど小物を自分の使い勝手よく装備できます。デザイン性が優れたものも多いのがウェーディングベストの特徴です。おすすめにはシマノXEFO。かっこいいです。

ウェーディングに必要な装備②ウェーディングスタッフ

双進(SOSHIN) RBB セーフティーストック ブラック No.8726

Amazonで見る

ウェーディングスタッフは足場の悪いところを歩くのに重宝します。折りたたんでコンパクトにできるスタッフも発売されています。画像は双進のセーフティストックです。折りたたむと35cmになります。さびにくい素材でなおかつ軽量です。

ウェーディングに必要な装備③ウェーディングエイガード

NEXT ウェーディングに必要な装備③ウェーディングエイガード