サワガニを飼育しよう!上手に飼育するコツや注意点をご紹介

日本中の川で見つけることのできるサワガニ。実は日本にしかいないんです。最近では人気が高まってきており、飼育したいという人が増えています。飼育方法や飼育に必要なもの、おすすめセットや難しいとされる冬の飼い方を、詳しく説明します!

この記事をかいた人

水に住む生き物を飼うのが趣味の、アウトドア系男子。飼育方法だけでなく、釣りやキャンプについても紹介していきます。

サワガニを飼おう!

サワガニというカニを知っている人は多いですが、いったいどんな生き物なのでしょうか?飼うのであればその生態を理解することはとても重要です。サワガニの特徴を詳しく見ていきたいと思います。

サワガニはとってもかわいいカニ

体長は、脚まで含めても50-70mmしかなく、手に乗るくらい小さい生き物です。カニ独特のしぐさも相まってとてもかわいいです!また体色にも個体差があり、赤色や青色、茶色になる個体もいてバリエーション豊かです。

サワガニは猿蟹合戦のモデル

昔話として有名な猿蟹合戦では、猿がぶつけた渋柿によって親蟹が死に、そのおなかの中から子蟹がたくさん出てくるシーンがあります。多くの蟹は、大人とは異なる姿で生まれてくることが多いのですが、サワガニはお腹の中で大きくなり、カニの姿で生まれます。こういった特有の習性が見られることから、この物語に出てくる蟹はサワガニなのです。

サワガニを捕まえよう!

特徴を理解したところで、いよいよ捕まえに行きましょう。捕まえるのに特別な道具は一切必要なく、手づかみでゲットすることができます。小さいお子さんは保護者の方と一緒に捕まえに行きましょう。

サワガニは日本の川に生息している

この動物は日本中の川の上流から中流にかけて生息しています。名前の通り、水がきれいな沢に住んでいて夜行性です。逆に昼間は石の影に隠れています。雨が降ると外に出てきて、昼間でも歩き回ります。同じ生息域の生き物に、シマドジョウやカマツカがいます。

サワガニの捕まえ方

日中は浅い川の石の下にいることが多いので、石を持ち上げてみると簡単に見つけることができます。見つけたら慌てずに、甲羅を指でつまんで持ち上げましょう。挟まれることもないので、この方法が一番安全です。川に入るときは、万が一溺れたりしないようにライフジャケットなどの救命具を着用してください。

シマドジョウに関する記事はこちら

カマツカに関する記事はこちら

オスとメスを比べてみよう

NEXT オスとメスを比べてみよう