ミノーの使い方&おすすめ!ルアーフィッシングのミノーをチェック

ラッキークラフト フラッシュミノー80

ラッキークラフト社から販売されている「フラッシュミノー」。リーリングの仕方によってさまざまな動きができる優れものです。言わずとしれた名作ミノーで、早巻きでも流れの勢いに負けずに姿勢を保つことができます。

ロングビルミノーの特徴と使い方

ロングビルミノーの特徴

名前の通りリップ部分が長く大きいかたちをしています。その長く大きいリップによって、ミノーが深く潜ることを可能にさせています。深くもぐることから、別名「ダイビングミノー」と呼ばれ、ミノーを用いたディープレンジの攻略に適しています。

ロングビルミノーの使い方

ショートビルと比べると、ロングビルミノーは引くときの抵抗がかなり強めです。「ジャーキング」や「トゥイッチ」をもちいて使いこなすためには、かなりロッドパワーの強い、硬めのロッドが必要となります。よってショートビルミノーに比べ、ロングビルミノーでは「ストップ&ゴー」や「ただ巻き」を使用する割合が多くなります。

ロングビルミノーのおすすめ2選!

エバーグリーン LBローラー

水中の中層をただ巻きするのみで、バイトを呼び込む中層ただ巻きのスペシャリスト「LBローラー」。中距離でのただ投入して巻く、という使用においては他の追随をよせつけません。浮力は敢えて控えめで、ローリングアクションがとても際立っています。

ジャッカル ダウズビドー90SP

ルアーのアクションが際立つジャッカルの「ダウズビドー90SP」。ベイトフィッシュが逃げ惑う、その必死感の再現をこころざした逸品です。高速なリトリーブでも対応するバランスのよさもさることながら、引き心地も爽快です。

「浮力」の違いによるミノーの特徴

ミノーの種類には「浮力」の違いでも分けることができます。リトリーブを止めると、水面に向けて浮上する「フローティングミノー」、中層でミノーの巻きを停止したときに、その層に留まるタイプの「サスペンドミノー」、キャストしてから水面に着水したあと、水底に沈んでいく「シンキングミノー」です。ここからはこの「フローティングミノー」「サスペンドミノー」「シンキングミノー」についてみていきます。

フローティングミノーの特徴と使い方

フローティングミノーの特徴

「フローティングミノー」は名前のとおり水面に「浮かぶ(フローティング)」ミノーです。浮くということは必然的に潜行深度が浅く、ルアーの重さも軽いため、アクションの感度がよくレスポンスも「シンキングミノー」と比較して格段にあがります。

NEXT フローティングミノーの使い方