UMAは実在する?実在可能性が高いUMAから最新の未確認生物までチェック!

ツチノコ

出典:PhotoAC

古くは縄文時代の石器でツチノコに酷似するものが発見されており、非常に歴史のあるUMAです。1970年代には、テレビや漫画で取り上げられ、全国でツチノコブームが巻き起こりました。昔から目撃談も多いですが、未だに存在は確定していません。

世界の有名なUMA

stokpic / Pixabay

特定の地域でしか目撃されていないにも関わらず、世界的に有名なUMAがいます。見た目のインパクトや、目撃例の多さにより実在する可能性が高いとされ、爆発的に存在が広まったとされています。UMAに興味がない方でも、必ず一度は耳にしたことがあるではないでしょうか。

ネッシー

Barroa_Artworks / Pixabay

1933年にイギリス、スコットランドのネス湖で目撃され写真や映像が世界に広まり、現在でも20世紀最大級のミステリーとして語り継がれている、ネス湖の怪獣ことネッシーです。ミステリアスなネッシーの姿を求めて、世界各地からネス湖に人が集まり、現在でもネス湖の観光ツアーが用意されている人気ぶりです。

チュパカブラ

主に南アメリカに生息するとされ、現地で恐れられている吸血UMAです。ヤギなどの家畜や人間を襲い、血を吸う恐ろしい特徴があります。これまでにも骨や毛などが採取されているものの、実在を決定づける発見はされていません。このような人間に実害を出しているUMAもいるのです。

最新のUMA情報を紹介!

geralt / Pixabay

目撃例がここ数年途絶えているUMAもたくさんいますが、UMA情報の中でも最新のトップニュースを一部お届けします。近年でも世界では数多くのUMAの撮影が成功しています。今後も、UMA情報が枯渇することはないでしょう。

グーグルアースにネッシーが映り込む?

Simon / Pixabay

2018年10月、グーグルアースのネス湖の写真にネッシーと思われる影が映っていたとされ、大きな反響を呼びました。アメリカ在住の女性が、グーグルアースでネス湖周辺の写真を見ていると、ネッシーと思われるシルエットが写っている写真を発見しました。

オーストラリアのUMA[ヨーウィー]がカメラに映る

WikiImages / Pixabay

ヨーウィーとは、ビックフットのような全身毛むくじゃらの霊長類系のUMAです。古くは、オーストラリア先住民アボリジニからも恐れられてきたヨーウィーの姿が、2019年1月、カメラに捉えられ、オーストラリア中で話題になりました。森の中で男性が動画撮影をおこなっていたところ、ヨーウィーを目撃して撮影に成功しています。

実は昔UMAとされていた以外な生物

bluebudgie / Pixabay

今では動物園でお馴染みの人気者ですが、かつては空想上の生物とされていた動物がいます。調査を重ねることで存在が認められて、未確認生物ではなくなりました。言わば、元UMAの動物たちです。

NEXT パンダ