メバル釣りのポイントや釣り方、おすすめの仕掛けを解決!

手軽に釣れて、女性やお子さまでも楽しめるメバル釣りをご存知でしょうか。メバルという名前は聞いたことがあっても、どんな魚なのか、どうやって釣ればいいのかわからないという方もいらっしゃると思います。メバル釣りとはどういうものなのかまとめました。

この記事をかいた人

メバル釣りとは?

ほぼ日本全国の沿岸に生息するメバルは、漁港や防波堤などから手軽に釣れる魚として有名です。また、メバルは小柄でも引きが強いので、アングラーたちに人気の魚になっています。大きいものでは30センチを越える個体もいると言われています。

漁港や防波堤で手軽に釣れる

メバルは、本州以南の沿岸に生息しています。防波堤のテトラポットの隙間や、海底の岩礁、海草や藻の近くなどを住みかにしており、岸の近くからでも狙えます。居れば釣れると言われるほど手軽に釣れる魚としてアングラーたちに人気です。

小柄でも強いひきを楽しめる

大きいものでは30センチを越える個体も釣れることがありますが、基本は手のひらサイズの個体が多いです。しかし、メバルは小柄でも引きが強いのが特長です。掛かると大きく竿がしなるので、小柄なメバルでも十分ファイトを楽しむことができます。

メバル釣りの時期(シーズン)・時間帯のポイント

メバルは春告魚と呼ばれており、冬から春にかけて釣れるシーズンになります。水温が高いと深場に潜ってしまうので、夏は釣れにくい傾向があります。また、メバルは目が良い魚として有名です。少ない光でもエサを見つけることができるので、夜釣りが一般的になります。

冬から春にかけてメバルのシーズン

メバルは基本1年中釣ることができるのですが、釣れやすいのは冬から春にかけての水温が低い時期です。夏は水温が高いため深場に潜ってしまうので、岸から狙うのが難しくなってしまうと言われています。

メバルを狙うなら夜釣りが断然有利

メバルの特徴は大きな目です。漢字で『目張る』と書かれるほど目が良い魚として知られています。そのため、少ない光でもエサを見つけることができると言われています。夜釣りが基本ですが、夕マズメから朝マズメまでの時間帯が狙うのがポイントになります。

メバルの釣り方とポイント

メバルは、テトラポットや岩の陰に隠れていることが多いので、ポイントを移動しながら仕掛けを入れていく探り釣りが有効だと言われています。また、最近ではワームやミノーなどのルアーでメバルを狙うメバリングもアングラーの中では人気です。

メバルを釣るなら探り釣り

メバルは、テトラポットや岩陰に隠れていることが多いと言われています。そのため、メバルを釣るには、ポイントを移しながら仕掛けを落としていく探り釣りが有効です。メバルは群れでいることが多いので、一匹釣れると続けて釣れる可能性が高くなります。

ルアーで釣るメバリングもおすすめ

ワームやミノーなどルアーを使いメバルを釣ることをメバリングと呼びます。冬から春にかけては、ルアーで釣れる魚の種類が少ないので、小柄でも引きの強いメバルは、冬のルアーフィッシングの対象魚としてアングラーの中で人気になっています。

メバル釣りにおすすめのタックル

NEXT メバル釣りにおすすめのタックル