ニジマスの簡単な捌き方をご紹介!保存の方法やコツなども!

ニジマスはサケの仲間で、川に生息している魚です。ニジマスは様々な料理に利用することができ、釣りの人気ターゲットでもあります。この記事ではそんなニジマスの簡単な捌き方やコツを紹介します。ニジマスの捌き方を覚えて料理上手に一歩近づきましょう!

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

ニジマスを捌こう!

Hans / Pixabay

ニジマスは美味しくで釣りも楽しく食事も楽しい魚として人気です。だからこそ、新鮮なうちに正しい捌き方でよりおいしくいただきたいものです。美味しく絶品の状態で食ためにも捌き方をマスターしましょう。

ニジマスは夏が絶品の食材

sharonang / Pixabay

ニジマスという魚を聞いたことのある人は多いと思いますが、おいしく食べることのできる旬は夏といわれています。脂が乗り川の餌も豊富になる時期なので、ア脂がのってきて大変おいしいのです。

しかし、その詳しい生態系や食性など詳しく知らない人もいることでしょう。よりおいしくいただくためにもまずは特徴から押さえておきましょう。ニジマスは淡水の魚になりますが、一部の種類において海で過ごすものもいます。

congerdesign / Pixabay

しかし、産卵の時期になると川に戻ってくる修正を持っており、海水にも対応できる種類もいるのです。そして、川に生きる水中の昆虫類を食し、夏期にはこれら昆虫の数も増えるので、それを食す魚の方も太っておいしくなるというわけです。

しかし、食事における重大な忘れてはならない注意点もあります。というのも自然の川で育つ個体の中には寄生虫を持っている危険性があるのです。そのため、できるだけ釣り堀などの管理された環境で育ったものを食すことをおすすめします。

ニジマスの主な料理

Tsarlee / Pixabay

夏を俊に迎えるこの魚の美味しい料理についても消化しいましょう。まずは生で食べることができる新鮮さであれば刺身です。きれいな白色の身と、柔らかい口どけと共に食べることができます。独特のクセもなく食べることができます。

ムニエルやフライ、塩焼きなどの料理もおすすめです。白身魚を用いた料理と同じような調理を楽しむことができます。しかし、この魚は焼くと独特のクセがありますので、食べやすさを求めるのであれば冊子実がいいかもしれません。

cattalin / Pixabay

さらに、この魚は体調50センチ以上になると身の色が鮮やかなオレンジ色をしてきます。まるでサーモンの様に色鮮やかな色合いになり、その味もグッと引き締まった上質な味わいとなります。食感もコリコリとしたものになり、小型のころとは異なります。

上質なサーモンとまで言われるほどの味を持ち始めるので、大型サイズはそれだけ捌くのに面倒さがありますが、手に入れることができたら楽しく美味なる食事を味わうことができることは間違いないでしょう。

ニジマスの簡単な捌き方をご紹介!

美味しい上質なサーモンとまで称されるほどの良い味を持っていますが、しかし美味しくなると、それだけ魚自身のサイズも大きくなり、捌くのにも一苦労です。小型と捌き方は同じとはいえ、正しい手順を把握しておかないと手間取ります。

また、捌き方が良ければより魚を美味しくいただけることにもつながります。美味しく、新鮮な魚を食す為にも、手際よく手順を抑えて切り分けていきましょう。

ニジマスの簡単な捌き方:必要な道具

JJuni / Pixabay

捌くうえでまず必要になるので道具です。基本的には一般的な魚を捌くときと同様の道具を用いればよいのですが、改めて何を用意するべきなのかを紹介しておきましょう。

必要な道具①包丁とまな板

pasja1000 / Pixabay

用意する道具はまずはよく切れる包丁とまな板を用意しましょう。触っているとわあk理ますが非常にぬめりのある魚であるため、包丁を入れる回数が少ないほど捌くにも手間取らずにできます。もちろん、他の魚同様に何度も包丁を入れると味も落ちていきます。

なので、できる限り少ない回数の包丁さばきで一度で切り開いていく必要があります。よく切れる包丁を用意と共に、標準から大きめのまな板の上で安定させて切っていきましょう。

必要な道具②ウロコ取り

NEXT 必要な道具②ウロコ取り