NZクローラーのインプレをチェック!ビックバスを誘う水中での動きがすごかった!

NZクローラー インプレとは

他のクローラーベイトとくらべて、サイズはかなり大きいです。フォルムはナマズを意識し、そのかわいい外見から予想もつかないほどの釣果を生み出します。もともとはハンドメイドで製作していたルアーですが、こだわりを残しつつ量産化したものが、今のNZクローラーです。遅巻きから早巻きまであらゆるスピードに対応し、しっかりと水をつかんでクロールします。

NZクローラー 評判とは

数多くの人気ルアーを生み出してきたデプス、その中でも高い人気を誇るビックベイトがNZクローラーです。発売は2017年ですが、今でもその人気は衰えることなく、手に入らない方も多いのではないでしょうか。その人気の理由は、ビックバスを引き付ける高いアピール力です。多くのビックバスの釣果が報告され、NZクローラーの人気、評価共に益々高まるばかりです。

NZクローラーにはこのタックル① ロッド編

ロッドの硬さ

NZクローラは重さ約85g(3オンス)とかなりの重量があり、通常のロッドでは扱いが難しいため、専用ロッドの用意がおすすめ。ロッドの硬さには、柔らかい順に、ウルトラライト、ライト、ミディアムライト、ミディアム、ミディアムヘビー、ヘビー、エクストラヘビーがあり、NZクローラを扱うにはミディアム以上の硬さが使いやすいです。

ロッドの長さ

NZクローラーで使うロッドは、6.6ft以下の短めのロッドがおすすめ。NZクローラーはピンポイントでキャストすることが多く、短めのロッドは狙ったポイントにキャストしやすいためです。

おすすめロッドはデプス ヒュージカスタム H2N-64R

出典:(Amazon)

デプス ヒュージカスタムH2N-64Rは、全長6.4ft(195cm)、重さ186g、継数3本、仕舞寸法68cm。デプス製のロッドで、80kgオーバーのピラルク―も釣り上げることができ、ビックバスも十分に対応できます。仕舞寸法が68cmとコンパクトに持ち運べる点もおすすめです。

NZクローラーにはこのタックル② リール編

ベイトリールがおすすめ

ルアーの重量と、ビックバスを釣り上げることを考えると、スピニングリールよりパワフルなベイトリールがおすすめ。またNZクローラーは巻くときに、強い水の抵抗を受けるため、巻取りがパワフルなベイトリールを使うことで、釣りのストレスが軽減されます。ラインは20lb以上を使用するため、ラインキャパシティもチェックポイントです。

おすすめリールはアブガルシア レボ ブラックシックス

出典:(Amazon)

アブガルシア レボ ブラックシックスは、重さ:235g、ギア比:6.4:1、ラインキャパシティ20lb:100m。DLCコーティングピニオンギヤと2本指をかけられるダブルフィンガーを搭載し、トルクフルな巻き心地で、快適にブラックバス釣りを楽しめるでしょう。

NEXT NZクローラーにはこのタックル③ ライン編