シーバスワームおすすめ9選&選び方のポイントを解説!

シーバスワームはどうやって選ぶの?

沢山のワームがある中、いったいどのように選んでいいのかわからない!という方も少なくありませんよね。そこで、シーバス釣りの名人がおすすめするシーバスワームのおすすめを9つ選び、その特徴や性能、アクション方法などをご紹介してきます。

シーバスワームおすすめ①「ダイワ モアザン ミドルアッパー」

おすすめ①は、ダイワのモアザン ミドルアッパーです。こちらは、日中に釣りたい!という方には大変おすすめのワームです。「もちもちマテリアル」を採用しているため、しなやかさと耐久性に富んでいます。ジグヘッドは「シーバスジグヘッドSS」のコンビネーションは最高です。

非常に柔らかくしなりが特徴なので、根べり強くアクションをかけて釣るシーバスには最高のワームです。初心者からプロの方まで幅広いニーズに人気です。

シーバスワームおすすめ②「エコギア パワーシャッド」

昼でも夜でもどちらでもマルチに活用できるシーバスワーム。ヘビーウエイトからジグヘッドまでオールラウンドで使えるのが最大の特徴で、ボディーとテールの動きが連動され強烈なパワーシャッドでアクションすることができます。ラメが多く入っているので、光の反射で好奇心旺盛なシーバスもヒットします。

シーバスワームおすすめ③「オンスタックルデザイン マナティー」

高速ダート釣法「ワインド」の動きを追及したこちらのワームは、濁りがひどいときや、はっきりしたアクションを与えたいときに最適です。リアクションが強めなので、シーバスには向いていないと思われがちですが、ジグを取り付ければダートアクションも見込めるます。こまめにアクションを与えることでシーバスの好奇心にヒットすること間違いありません。

基本的にマナティーは太刀魚釣りに用いられますが、シーバスもヒットすることが分かっており、太刀魚目当てでもシーバスを釣る方も少なくないようです。

シーバスワームおすすめ④「エコギア バルト」

テールのリアクションが豊富なシャッドテールワームは、大き目のジグヘッドを取り付ければよりうねりが強い動きでアクションをかけてくれます。また、ただ巻きで楽しめるのも魅力です。海の中を創造しながらダートすることで、シーバスが好む餌になること間違いありません。

シーバスワームおすすめ⑤「バディーワークス フラッグシャッド」

ボディーにラメがキラキラと配色されているので、濁りの強い水に対して使えます。また、なかなかヒットしない場所でのキャストにも効果的です。ワームを変えても、いまいち反応が薄い場合に、このワームにチェンジしたら釣れた!という声もあります。テールが大き目の設計なので、ねじれが強く強烈な波動がシーバスの好奇心を掻き立てます。

シーバスワームおすすめ⑥「コアマン アルカリ」

シーバス釣りの大定番の「コアマン アルカリ」は、安定した動きが人気の秘訣です。ただ巻きでも楽しめますが、少し早巻きしながらテールの動きを演出することで、接近戦が楽しめシーバス釣りがより楽しくなります。しかも、こちらのワームは100%職人さんによる手作りで、繊細な動きを醸し出すことに成功しています。

シーバス釣りをされる方は、必ずと言っていいほどこのワームを持っている!というほど人気のアイテムです。初めてのシーバス釣りの場合、こちらでまずトライするといいかもしれません。

シーバスワームおすすめ⑦「コアマンVJ-16 バイブレーションジグヘッド」

バイブレーションが特徴のこちらのワームは、アクションが強めでシーバスの好奇心を多いにそそります。ちらちらと動くテールを、ゆっくりとリールを引くことで再現でき、確実にヒットさせる狙いがあります。ジグヘッド、トレブルフックつきなので、そのままキャストできるのも魅力です。

NEXT シーバスワームおすすめ⑧「エコギア グラスミノー M」