メバリングのジグヘッドおすすめ16選|ジグヘッド何で選べばいいの?|

メバリングに必要な物の一つとしてジグヘッドがあります。設計や形など、様々な種類があるので、どれを使えばいいか迷う人が多いでしょう。今回はメバリングに最適なジグヘッドのおすすめや選び方、ジグヘッドと糸を結ぶための結び方に到るまで、徹底解説していきます。

この記事をかいた人

目次

メバリングとは

メバリングとは、メバルをワームなどのルアーで釣ることです。釣れるメバルには3種類あり、湾内などでよく釣れる「クロメバル」、潮通しの良いところで釣れる全体的に青い「シロメバル」、磯などで釣れる赤っぽい色の「アカメバル」がいます。メバリングで釣れるものには20センチ前後のものが多く、最大で35センチを超えるものもいます。

メバルの特徴

メバルは警戒心が強く、周囲を見渡すために、目が大きいのが特徴です。他の魚からの危害を避けるために、岩礁の周囲を群れで遊泳しています。餌はエビなどの甲殻類や、アオイソメなどの多毛類、白魚などの小魚を食べています。北海道から九州にかけての沿岸の岩礁域に多く棲息します。

メバリングの時期

メバルは年中釣れますが、時期によって活動が変わります。メバルが最も釣りやすい時期が「春秋」で、3月〜5月がハイシーズンと言われていますが、地域によっては水温差や小魚の接岸によって夏でもよく釣れる場合があります。夜に釣る場合は、水温の関係上「夏」がおすすめです。

ジグヘッドとは

ジグヘッドとは、オモリとフックがセットになったハリのことで、ソフトルアーと組み合わせて使う釣具です。初心者から上級者まで、様々なアングラーが使用しており、メバル向けやチヌ向けといった、ターゲットを絞ったジグヘッドも存在しています。

ジグヘッドの重さとフックについて

ジグヘッドには形状・重さ・フックといった、メーカーによって違った、様々な特徴を持つものがあります。狙うメバルの大きさや種類、使用するワームとの相性を考えて選ぶ必要があります。

メバリングジグヘッドの重さ

メバリングに使用するジグヘッドの重さは、状況によって変える必要があります。日中なら2〜3グラム、夜間なら1グラム前後がおすすめです。ジグヘッド単体で使用したい場合は、0.5〜1.5グラム前後を目安に選びましょう。

メバリングジグヘッドのフックサイズ

メバリングに使用する場合、フックのサイズは狙うメバルの大きさ、使用するワームの種類、使用するジグヘッドの重さに合わせる必要があります。例えば、20センチのメバルを狙う場合、フックのサイズは#8がおすすめです。

メバリングジグヘッドのフックの形状

NEXT メバリングジグヘッドのフックの形状