ルアーの塗装にはウレタンコート!やり方やおすすめウレタンコート剤を解説!

釣りをするたびに塗装が剥がれてしまったり、傷がついてしまうルアー。大切なルアーを綺麗なまま長く使い続けるために、耐久性を格段に上げる「ウレタンコート」というウレタン樹脂でできたコーティング剤の特徴、種類、使い方についてまとめています。

この記事をかいた人

ルアーの塗装を守るウレタンコート

ウレタンコートとは?

ウレタンコートは、ウレタン樹脂で出来ているコーティング剤であり、厚い皮膜を作ることができます。これで釣り具をコーティングすることで、塗装の剥がれや傷を未然に防ぎ、長く使い続けることが可能になります。また、UVコートやシリコンコートなど他のコーティングに比べてコストパフォーマンスがよく、初心者の方でも使いやすいです。

ウレタンコートの種類

三種類のウレタンコート

ウレタンコートは主に一液ウレタンコート、二液ウレタンコート、スプレータイプの3つに分けられ、それぞれ使用方法やメリット・デメリットが違います。それぞれの特徴を把握して、自分自身にあったウレタンコートを選びましょう。

それぞれのウレタンコートの特徴1 液型

1.一液ウレタンコート

これは、容器にそのままウレタンコート入っているタイプで、開封してすぐに舗装を開始でき、どぶ漬けでの舗装が可能です。そのため舗装が容易であり、時間も短縮できます。初心者の方や、一回にたくさんの液を使う予定の方にオススメです。しかしながら、一液ウレタンコートは日持ちが悪いことがデメリットです。開封したところから硬化がはじまってしまうため、なるべく開けてからすぐに使い切るようにしましょう。万が一液がたくさん余ってしまった場合の対処法は、「もしウレタンコートが余ってしまったら…」に記述してあるのでチェックしてください。

2.二液ウレタンコート

こちらは、主液と硬化剤の二種類が別の容器に入っており、使う際に自分で混ぜることでウレタンコートとするものです。混ぜる前は硬化が起こらず、一回に使う分だけウレタンコートを作ることができるので、日持ちがよいこと、綺麗にコーティングができることがメリットです。デメリットとしては、どぶ漬けができないためエアブラシや刷毛、スプレーガンなどが必要となりコストパフォーマンスが悪いこと、刷毛で塗る場合ムラができやすいこと、二液を規定の割合で混ぜてから使うため、時間と手間がかかることが挙げられます。

それぞれのウレタンコートの特徴2 スプレータイプ

3.スプレータイプ

こちらは、ウレタン液がスプレー缶に入っており、よく振ってから釣具に吹き付けることでコーティングができます。開封してすぐに釣具に吹き付けコーティングができ、余った分もとっておくことができるので、手軽に使用できます。少量の使用に最適です。しかしスプレーであるため、厚い皮膜を一回で作ることは難しく、何度か重ねて吹き付ける必要があり、手間と時間がかかります。また、よく振ってから使用しないとムラができてしまうため、使用には注意が必要です。

ウレタンコートでのコーティング方法

ウレタンコートでどぶ漬けしよう

NEXT ウレタンコートでどぶ漬けしよう