カップ焼きそばのカロリーがすごい!高カロリーの理由と太らない食べ方

カップ焼きそばはなぜカロリーが高い?

ここからは、インスタントの焼きそばが高カロリーな理由を説明していきます。作る際にはお湯を入れてから一度湯切りを行うため、めんの油分は少なそうに思えますが、実のところ焼きそばの方が平均してカップラーメンより高い熱量を叩き出しているのは何故でしょうか。

カップ焼きそばのカロリーが高い理由①内容量が多い

FotoshopTofs / Pixabay

まずは単純に、カップラーメンよりめんの量が多いからです。スープがない分、満足感や満腹感を得るため必然的にめんの量が多くなるわけです。カロリーを抑えるためにスープに手をつけないようにするといったことができないのは、カロリーを気にして食べるには少々苦しいところです。

カップ焼きそばのカロリーが高い理由②ソースに油分が入っている

焼きそばのソースには多くの油分が含まれています。これは、お湯でめんを戻してソースを混ぜただけでは焼きそばの風味を出すことが難しいからです。普通の焼きそばのように油で炒めた味を再現するため、めんに絡めるソースを油っこくしているのです。

カップ焼きそばのカロリーは実は低い??気になるカロリー表示の真相!

RobinHiggins / Pixabay

これまでの項では、いかにカップ焼きそばの熱量が高いかというところに焦点を当ててきました。ですが、パッケージに書いてある数値は、調理においていったいどのタイミングでの表示なのでしょうか。この項では栄養表示について細かく解説していきます。

カップ焼きそばカロリーQ.「カロリー表示は湯切り前?調理終了後?」

実のところ、製品紹介における熱量の表示は湯切り前のものなのでしょうか、それともソースを混ぜたあとなのでしょうか。一般的に考えてみると、お湯を通すことでめんの油分が少し抜けて、熱量もその分減るように思えますし、たいへん気になります。

カップ焼きそばカロリー A.「湯切り前!」

ijmaki / Pixabay

ずばり、パッケージに記載があるのは湯切り前のめん+ソースや具材、の数値です。一説によると、湯切りをしたあとでは60キロカロリー近くの油分が流れ出るとの話もあります。とにかく、示されているのが調理前の熱量だとすれば、それを利用して熱量を抑えることもできます。

カップ焼きそばを食べても太らないコツ

RyanMcGuire / Pixabay

食べると太りやすいのは分かっていても、どうしても食べたい!という時には、我慢しすぎるとストレスになってしまいます。そんなかたがたのために、カップ焼きそばを食べるにあたってできるだけカロリー摂取を控える方法を考えました。参考にしていただければ幸いです。

ここでご紹介するのは、あくまでカロリーを抑える方法ですので、過信はせず、本格的にダイエットを考えているかたはなおさら健康的な食事を心がけることも大切です。一食ですべて食べきるのではなく、何度かに分けて食べるのも方法の一つになります。

カップ焼きそばの太らない食べ方①朝に食べる

Claudio_Scott / Pixabay

どうしても食べたいけどカロリーが気になる、というかたは、思い切って朝から食べてしまいましょう。朝イチに摂取する栄養は、その日の活動に使われやすいと言われています。また、お昼や夜ごはんのカロリーも朝に食べた焼きそばに合わせて計算し、調整することができますので、一日の摂取カロリーをコントロールしやすくもあります。

NEXT カップ焼きそばの太らない食べ方②野菜のちょい足し