「電話が怖い」のはなぜ?その心理やシーン別克服方法を徹底解説!

電話のまわりは整理しておく

Nietjuh / Pixabay

仕事が出来る人は常にデスクやロッカーが整理されているとはよく聞く言葉ですが、この言葉は電話対応にも通じます。

電話取り次ぎの際の受話器の落下や、肝心のメモが見つからないなどの不慮の事故を未然に防ぎ、失敗を回避するために常日頃から身の周りの整理整頓を行っておきましょう。

電話の操作方法を把握しておく

ある程度電話対応がスムーズに出来るようになったらその他のケースにも対応出来るように事前の準備が必要です。

取り次ぎ時の転送、保留などの電話機そのものの操作がスムースにできないと、電話対応が滞るきっかけになります。必要に迫られる前に、事前に予習しておきましょう。

電話が怖い人もうまくいく電話対応のコツ【仕事編・バイト】

GraphicMama-team / Pixabay

電話が怖い、あるいは苦手だと感じている人にとって仕事中に発生する避けようのない電話はストレスの一つです。

また、新しくバイトを始めようとする時も電話で応募しなければならない場合もあり、怖い思いをする電話を避けたい為に応募すら出来ないケースもあります。

ここではそういった理由で悩んでいる人に向けた電話対応のコツをご紹介します。

就職活動やバイト面接

coffeebeanworks / Pixabay

就職活動を電話ですることはあまりありませんが、バイトの応募では未だに電話で受け付けている所も多いです。

いざ電話で応募する際に、しどろもどろな受け答えをしてしまっては面接以前にマイナスイメージを与えてしまうかもしれません。

Free-Photos / Pixabay

なので、電話での応募に怖いという感情を覚える場合は、事前に面接希望日を複数用意しておくこと、給与・労働条件など確認事項は事前にメモしておき、回答もメモできる環境を準備しましょう。

また、先方の都合もあるので忙しい時間帯は避けた方が無難です。例えば飲食店であればランチタイムは避けるなどの推察が必要です。

職場での電話受付や取り次ぎ

3D_Maennchen / Pixabay

仕事の電話対応が怖い、緊張してしまう一番の原因として挙げられるのが、きちんと対応しなければならないというプレッシャーから来るものです。

敬語が間違っていないか、可笑しな事を言ってはいないかなど様々な不安が頭を悩ませしまい、思った通りの対応が出来なくなってしまいます。

TPHeinz / Pixabay

そんな事態を回避するために、回答パターンをいくつか用意しておき、デスクに張り付けるなどして何時でもスムースに対応できるように準備しておきましょう。

ルーチン対応であればパターン化しておく事で速やかに取り次げます。

取引先とのやり取り

StartupStockPhotos / Pixabay

電話の相手が社外の人や客先である場合は、より適切な対応が求められます。自分では判断出来ない事を無理に答えようとせず、電話対応を変わって貰うなどして、周りに助けを求めましょう。

不明点が出てきたら「一旦調べる」などの回答をして折り返す、相手側の都合のよさそうな時間帯を選んで電話する、可能なら電話内容をメールで改めて送信してもらうようお願いするなど状況に応じて対処しましょう。

「インプロビゼーション」のトレーニングでスキルアップも

3D_Maennchen / Pixabay

インプロビゼーションというのは、コミュニケーション能力を高めるためのトレーニング方法で、臨機応変な対応やアドリブ力が試される演劇界隈で生まれた独自の手法です。

この、インプロビゼーションを行うことによりコミュニケーション力が向上し、円滑な会話や対応が出来るようになると、近年ビジネスシーンにおいても大きく注目されています。

様々な状況において適切なアクションを取ることが出来るようになるインプロビゼーションは電話対応に対する怖いという感情を取り除くことが期待されます。

NEXT 休む時の電話連絡