「電話が怖い」のはなぜ?その心理やシーン別克服方法を徹底解説!

可能な時は候補日を複数用意しておく

kaboompics / Pixabay

人気の飲食店の場合もそうですが、美容院や歯医者などの場合にも同じく、予約を希望する場合は複数の候補日が事前にピックアップしておきましょう。

参加者のスケジュールに余裕がある日をいくつか聞いておくことで、第1候補を断られたときに慌てずに対応することが出来るので怖い思いを回避することが出来ます。

予約内容の変更やキャンセルはしっかり伝える

近ごろでは度々ニュースなどにも取り上げられていますが、飲食店などの事前にお客様を迎える準備をしているお店にとって、無断キャンセルは相当ダメージが大きいものです。

キャンセルする場合は行けなくなった事が分かった時点で早めに連絡をすることが望ましいです。

予約を入れていたのに、キャンセルの電話をもう一度するのは怖いし気が重いかもしれませんが、怖いと思ってもきちんとお店に連絡を入れましょう。

電話はメリットあるコミュニケーションツール

geralt / Pixabay

インターネットが発達した今、メールなどのメッセージツールと比較すると色々と怖いと感じやすい電話ですが、電話ならではの良さがなくなってしまったわけではありません。

恋人とのプライベートな会話や、遠くはなれた親しい人の声をいつでも直ぐに聞くことができる便利なコミュニケーションツールの一つです。

リアルタイムで相互コミュニケーションが取れる

mohamed_hassan / Pixabay

今では電話やメールがない時代を想像する事が難しいほど、いつでも気軽に話したい時に話したい相手とリアルタイムで会話する事が出来ます。

仕事の上でもプライベートでも、すぐに伝えたい要件を相手に伝える事ができ、テンポの良いレスポンスでコミュニケーションを取ることが出来ます。

友達との待ち合わせなどでも、電話がある事によって早急に問題を解決できた経験などは多くの人が体験しているはずです。

フレキシブルに対応できる

mohamed_hassan / Pixabay

仕事中に外出している社員に連絡を取りたい時、急遽予定を変更したい時など、早急に伝えたい要件がある場合はメールなどのメッセージツールより電話による会話の方が効率が良いでしょう。

テキストによる会話では文字に起こす時間、既読に至るまでの時間がロスタイムに繋がりますが、電話であればそんな心配も必要ありません。会話の最中に思った事をその場で伝えられる事が電話の強みとも言えます。

感情が伝わりやすい

pixel2013 / Pixabay

メールやLINEなどメッセージツールで伝える言葉では、文章で装飾したり絵文字を付け加えることによって感情を相手に分かりやすく伝える努力が必要です。

しかし、電話による会話は話している相手の声や会話のテンポ、語尾などの変化によって対面しているかのように相手の感情を読み取ることが出来ます。

同じ言葉であっても、テキストと声では相手に与える印象が大きく変わる場合もあります。

電話が怖い人はインターフォンの音も怖い?

ふいに鳴り響く電話の音が、電話を怖いと感じている人にとって多大なるストレスとなる事はもちろんですが、この心理は自宅でくつろいでいる時に突然鳴らされるインターフォンの音も同様です。

自宅という自分にとって安心できる場所でアポイントもなしに訪れる訪問者の来訪はインターフォンの音に加えて更にストレスに感じるのです。

電話が怖い人にとって電話は時間の搾取?

mohamed_hassan / Pixabay

電話の最大のメリットは話したい相手とすぐに連絡がとれる事ですが、電話が苦手な人にとって一方的にかかってくる電話は、自分のプライベートな時間をいきなり奪われる行為に等しいです。

また、自分から相手にかける場合も同様に「忙しい時にかけてしまったら申し訳ない」「自分のために時間を奪ってしまって気が引ける」などの悩みも併せ持っています。

NEXT 「電話が怖い」は克服できる!