鱒レンジャー特徴・インプレまとめ!気軽に始める楽しい釣りなら鱒レンジャー!

鱒レンジャーのラインナップ

鱒レンジャー改SP40

SP40は長さが4フィート(1.2m)のため、小学生などの小さい子どもに向いている竿です。また、短いロッドのため足元の釣りや穴釣りに向いています。ただし、グリップが大きく小さい子どもや女性は握りにくいと感じる可能性があります。

グレート鱒レンジャー改SP50

SP50は5フィート(1.5m)ありますので、SP40と比較すると30㎝ほど長いです。遠くにルアーを飛ばしたい人はSP50がよいです。他の方のレビューを見てみると、SP40よりもクセは少ないとのことですので、SP40に不満を感じている方はSP50を使用するとよいです。

グレート鱒レンジャー改CT50DarkNight Mブラック

CT50DarkNightは5フィート(1.5m)あり、SP50と長さは変わりません。カラーは男性人気の高い落ち着いたブラックカラーを採用しています。また、1〜5グラムのルアーのキャストフィーリングや向こう合わせでフッキングする感覚は、有名なブランドのロッドと比較しても遜色ないです。

グレート鱒レンジャー改CT50メタリックブラック

CT50メタリックブラックは5フィート(1.5m)あり、メタリックブラックを採用したシックなデザインの竿になってます。他の方の口コミでは、大きいニゴイを釣るのにも耐えたとのことですので、耐久性は抜群です。さすが、グラスロッドの特徴がでているなという印象です。

鱒レンジャーのインプレ

鱒レンジャーのメリットでもありデメリットでもあるのですが、竿が柔らかくとても曲がるため、魚を弾きにくいという点があります。また、魚がルアーをくわえ反転した場合、とても上手く掛かります。反転せずに手前へ泳いできたときには、弾きにくくなるでしょう。

ただし、上級アングラーには鱒レンジャーはとても気に入られています。理由としては、柔らかく曲がるグラスロッドにあります。ロッドがよく曲がるがゆえに、ラインが切れてしますため、多数の魚を釣る・大きな魚を釣るときに技術を要します。この技術を要する点が、上級アングラーの心を揺さぶっています。

初心者が鱒レンジャーで魚を釣るコツ

鱒レンジャーで魚を釣るためには、コツが必要です。初心者であれば、足元で釣ったり穴釣りをすれば、すぐ釣れます。しかし、欲を出して大きな魚を釣ろうとした場合、それなりの技術を要します。まずは、自分の技術を付ける前に、どの竿が自分に適しているのかを見極めるために、さまざまな竿を試してみるとよいでしょう。

初心者の方は、使い勝手ではなく直観で自分好みの商品を選んだり、釣りたい魚によって竿を選ぶとよいです。ただし、最初は足元釣りや穴釣りが多いかと思いますので、SP40などの短い竿がおすすめです。車での持ち運びや現地での持ち運びには短い方が圧倒的に便利です。

鱒レンジャーの釣果

鱒レンジャーを使用した人の評価として、狭い管理場や小さい子ども、女性の場合はSP40を使用し、広い管理場の場合はSP50を使用した方がよいです。ある程度の飛距離が必要な場合は、 SP50がおすすめです。夜釣りだと釣果が出やすいと言われているので、夜釣りで使用されることをおすすめします。

穴釣りには、グレート鱒レンジャー改 CT50がおすすめです。理由としては、両軸リールを使用でき、足元の穴の中にエサをつけた仕掛けを落とすだけですので、ベールを上げる操作や戻す作業が不必要です。両軸リールであるため、手返しが良くなり、簡単に釣りができるのでおすすめです。

NEXT 鱒レンジャーでの楽しみ方