ボディステッチは痛い?やり方や危険性、注意点や参考デザイン画像まとめ

ボディステッチとは漫画「東京喰種」の鈴屋什造が火付け役の新しいファッションスタイルです。今回は若い世代の間で流行っているボディステッチのやり方や注意点、気になるボディステッチの痛み、簡単な物から応用編まで参考になる画像をたっぷりと紹介します。

この記事をかいた人

ボディステッチとは

qimono / Pixabay

ボディステッチという言葉をご存知でしょうか?体で何かするというのは大体読み取れるのですが、あまり聞きなれないかと思います。これは度が過ぎなければファッションと通ずるものがある言葉なのです。そんなボディステッチのことを詳しく解説していきます。

ボディステッチとは体に糸でステッチすること

Bru-nO / Pixabay

ボディは体のことを指すのはご存知かと思いますが、ステッチとは裁縫などにおいて、縫い目や縫い方ということを指します。つまり、体に糸と針を使って刺繍を施すことです。普通は布に行う刺繍を自分の体に行うのです。

ボディステッチはファッション

Pexels / Pixabay

聞いている分には痛そうに聞こえるかも知れませんが、ボディステッチはファッションの一角になろうとしています。ピアスなんかと同じです。経験のある方はわかると思いますが、どこに明けるとしてもピアスホールを開けるのには痛みを伴います。

それに、詳しくは後述させていただきますがちゃんとした手順や、やり方さえわかっていればそれほど痛いものではありません。それこそピアスの方がよっぽど痛いです。要するに、感覚としてはピアスと同じファッションの一環と思ってください。

ボディステッチの元ネタは漫画「東京喰種」

そしてこのボディステッチが流行り始めているのにはある理由があります。読んだことがある人は上記の時点で気づいたかと思いますが、人気漫画「東京喰種(とうきょうぐーる)」に出てきます。そのなかの人気キャラが行っていたことから有名になりました。

ボディステッチと「東京喰種」

主人公に視点を置きながら読んでいると気にもならない程度のことかもしれませんが、漫画とはいえやはりボディステッチを施した体をみると異質に見えます。そして主人公ではないにしても重要人物であるキャラが施していることから、多くの人が影響を受けています。

ボディステッチが闇可愛い鈴屋什造

多くのファンが存在し、ボディステッチの火付け役となったキャラクターの名前は「鈴屋什造」といいます。少し異質な面もありミステリアスなキャラで、だからこそ人気があります。また男性キャラでありながら可愛いと評判です。体の至る所にステッチがあります。

東京喰種とは

東京喰種とは、人間を食べる喰種(グール)になってしまった少年「金木研」が主人公で、人間であった金木がどのように生きていくかが描かれた人気漫画です。アニメ化や実写映画化もされており、多くのファンが存在します。

鈴屋什造(すずやじゅうぞう)とは

喰種が存在する世界で、喰種に飼われ育てられた人間として登場するのが鈴屋什造です。人間としての感情が欠如した彼は喰種捜査官として職務を全うしますが、非常で躊躇がなく自分の快楽の為に動いています。

そんな彼は上司である篠原と行動を共にするのですが、篠原は鈴屋の異常な行動に手を焼くことになります。それでも徐々に篠原に対して親の姿を見るようになり、続編ではかなりまともな精神を兼ね備えて再登場します。一応喰種である金木の敵として登場しています。

鈴屋什造のステッチ

NEXT 鈴屋什造のステッチ