人気ロッド「ガルプスティック」のインプレ|コスパ最強のロッドはどんなロッドか

猫まっしぐらならぬ魚まっしぐらのサンドワームでおなじみの『ガルプ!』。その名を冠しガルプスティックが、アメリカのバークレイ社から販売されています。今回は、その特徴ゆえ根強い人気を誇るガルプスティックの魅力に迫っていきたいと思います。

この記事をかいた人

ガルプスティックの特徴①コンパクト

「大きいは正義」を地でいくのがアメリカ製品の特徴です。食べ物や車でそれは顕著です。しかし、ガルプスティックはアメリカ製ながらコンパクトで、日本の住宅事情、車事情、そして釣り事情にもマッチする振り出し式コンパクトロッド。

55センチ幅の携帯用ケースにおさまるわけですから「アメリカ製=でかい、邪魔」という図式からグッバイなのです!軽量化コンパクト化は日本のお家芸と言われてますが、アメリカにもコンパクトサイズのニーズがあるんですね。

ガルプスティックの特徴②値段が手頃

生き餌が苦手な人向けのサンドワーム『ガルプ!』では「におい」「くさい」などの言葉がついてまわりますが、ガルプスティックについてくる言葉は「コスパ」というありがたいもの。この差によって、分家ともいえるガルプスティックと、ガルプ本家との間に確執が生まれないか心配ですね!

冗談はさておき、ガルプスティックは輸入品ながら5000〜6000円台で買える品です。そしてアマゾンのレビューを見ても、値段以上の活躍が見てとれます。また、値段が手頃なゆえに、以下のような用途にも向いています。

  • 旅行先で釣りがしたくなった時に使える、車のトランクやバイクの荷台に忍ばせておくとりあえずの一本として
  • もしもの時に使える予備として
  • 破損のリスクがベテランに比べて格段に高い初心者に紹介する一本として

上記のケースに対応できるのは、ガルプスティックの価格もさることながら、のちに触れる万能性にも由来します。携帯性と万能性をもちながら、価格が手頃なわけですから「コスパ最強!」の魅惑的な表現がストーカーのようについてまわるのもうなずけますね!

ガルプスティックの特徴③万能性

万能、バーサタイル、オールラウンド、ユーティリティー、マルチなど様々な表現がありますが、ガルプスティックが、車やバイクのお供となったり、予備として用意されたり、初心者向けとしてニーズがあるのも、この万能性あればこそ。

磯、サーフ、防波堤、河川にさっくり対応してくれます。また、三つのサイズをが用意されているので(詳しい種類については後述)女性や子供が自分の扱いやすいサイズを選ぶことができます。これも、一つの万能性といえましょう。

ガルプスティックの種類

大量生産簡単入手とはいかない、ガルプスティックの種類を見ていきましょう。サイズが三種類、基本カラーが四種類ありますので、組み合わせると十二種存在することに。これに限定カラーが加わるので、バリエーションは更に豊かに。自分の欲しいサイズとカラーをばっちり入手できた人は、自慢したくなるってもんです。

ガルプスティック806MLは一番本格的

【基本情報】

  • 全長:8’0″
  • 仕舞寸法:55cm
  • テーパー:MF(ミディアムファースト)
  • 先径:1.2cm
  • 元径:13.7cm
  • 適合ルアー:4−21g
  • 適合エギ:3.5号(最大)
  • 適合ライン:3号(最大)
  • 重り負荷(投げ):15号
  • 重り負荷(船):30号

少しでも大きなエモノを狙うのならこれ。アクシデント発生時の予備としても、一番サイズがあり剛性も高い806MLがやはり安心です。

ガルプスティック中間サイズ706Lはよりカジュアルに

【基本情報】

  • 全長:7’0″
  • 仕舞寸法:52cm
  • テーパー:MF(ミディアムファースト)
  • 先径:1.2cm
  • 元径:11cm
  • 適合ルアー:2−14g
  • 適合エギ:3号(最大)
  • 適合ライン:3号(最大)
  • 重り負荷(投げ):10号
  • 重り負荷(船):30号

中間サイズの706Lからは、つけられるルアーのバリエーションが減ることになり、よりカジュアルな使用が想定されています。ロッド長や重量の関係から806MLよりは取り回しが楽なので、近場のあちこちで釣りを始めたい初心者にぴったりですね。

ガルプスティック最小サイズ605Lは際だつポップさ

【基本情報】

  • 全長:6’0″
  • 仕舞寸法:51cm
  • テーパー:MF(ミディアムファースト)
  • 先径:1.2cm
  • 元径:9.5cm
  • 適合ルアー:2−10g
  • 適合エギ:3号(最大)
  • 適合ライン:3号(最大)
  • 重り負荷(投げ):10号
  • 重り負荷(船):25号

女性や子供にやさしいサイズの605Lは、実用性において一番幅が狭いものの、その小ささによって、カラフルでポップ寄りなデザインが際だちます。

ガルプスティックのカラーバリエーション

ガルプスティックの基本的なカラーバリエーションは、

  • ブルー
  • レッド
  • オレンジ

の三色です。これにアマゾン限定のシルバーメタリックブルーやブラックが加わります。また、PFJでは限定アイテムとして806MLで、

  • シャンパンゴールド
  • メタリックピンク
  • メタリックパープル
  • ライトグリーン

の四色が展開しています。カラーリングによって性能差が生まれるわけではありませんが、せっかくなら自分好みの色を選びたいところ。ガルプスティックならポップな色も選べます。

ガルプスティックの価格

万能性と種類の豊富さを維持しながらも、ガルプスティックは、5000円台(税抜き)で購入が可能。PFJでは税抜き5980円。そして「状態がよければ中古でもいい!」という人が躍起になって探すであろうメルカリのようなフリマサイトでは中古美品は4000円台、パーツ取り用のジャンク品が2000円台、一度だけ使った新古品みたいなものが7000円台。中古になっても価格がガッツリ下がらないところが、ガルプスティックの人気を物語ります。

ガルプスティックの評価

NEXT ガルプスティックの評価