ソウダガツオの旬は?釣り方から食べ方まで!

ソウダガツオをおいしく食べるにはまえに

血の多いカツオは、血抜きをしなければ魚屋やスーパーで売っている血生臭いカツオです。しっかりと血を抜いたカツオをはじめて食べた時は、味が、血生臭い匂いが無いのでマグロと勘違いしてしまうほどです。私自身も血抜きのカツオを食べてから、あまり店で売っているカツオは買わなくなってしまいました。

やり方は、まず、釣りあげてからカツオの首を上方向に持ち上げます。そのままエラから指を突っ込んで、一気にえらの付け根の頚動脈をちぎりってアゴ部分をはずすます。エラから血が噴出してきますがおいしいカツオを食べるために耐えてください!この状態で尻尾を持ち、水で洗ったら、直ぐにクーラーの中へ投入します。私は、最初の1匹が釣れたときに、クーラーに氷を入れて氷水を作ることにしている。
氷水はできるだけ多めに作った方がいいですよ。友人に聞いた話になりますが、氷水の中に1時間ほど血抜きした状態で置いてから新聞紙に包み氷の中で冷やすのが1番いいそうです。時間があれば挑戦してみようと思います。ですがいつも行っている上記のやり方でも十分おいしくいただけますよ。

ソウダガツオのおいしい食べ方

基本的にどんな調理方法でも食べやすいのですが、オススメな食べ方を自分なりにまとめて書いてみました。個人的な意見ですが参考にしてみてください。

〇刺身
ヒラソウダガツオもマルソウダガツオも釣ったばかりのものは、お刺身でが1番おいしいです。ですが、マルソウダガツオは血合いが多いため、この部分に多くヒスタミンが作られるそうなので、この部分は食べない方が良いでしょう。血を抜いていてもこの部分は怖いので切り取っています。
造りにすると、マグロのような食感で、脂はそれほどのっていませんがしっかりとしていて美味しいです。表面だけをさっとあぶってタタキにしても美味しいですよ。その他、しょうゆに漬けて丼にするという食べ方もあります。どれもおいしいですので迷ったらこの食べ方です。

●焼きもの
三枚におろし、塩を振って一晩冷蔵庫で寝かせてから焼くと美味しいです。しかし、あまり焼き過ぎてしまうと固くなってしまうので注意してください。

●煮付け
マルソウダもヒラソウダも煮付けにするととても美味しいです。サバの様に腹を出し、骨ごと筒切りにして煮込んでいきます。骨が苦手な人は三枚おろしで煮込むと良いです。また、マルソウダの場合、危険なヒスタミンは加熱しても残るので、三枚におろしてから、更に背と腹を切り分けて、血合い部分を切り落としてから煮込めば大丈夫です。

●揚げ物
一口サイズに切り分け、唐揚げや竜田揚げにするとお酒のおつまみになります。また、それをサラダに散らし、ドレッシング系をかければ夕飯の一品になります。オススメなのはおろしポン酢です。暑い日にはもってこいの珠玉の一品です。

釣るときはゲーム感覚で楽しめるし、味も最高!!

うまいことソウダガツオの群に当たれば、入れ食い状態で楽しいですが当たらないときはなかなか当たらないです。私自身は運が良いのかソウダガツオ釣りの際は、ほぼ毎回獲れています。大量になると、足が速すぎるので食べきることは難しいです。。。しかしどんな調理方法でもソウダガツオはおいしいです。特定された調理方法ではなく、実にさまざまな料理で振舞うことができるので一度ソウダガツオ釣りを試してみてはいかがでしょうか。