スノーピーク「ローチェア30」の魅力を解説!最強と噂のチェアの気になる口コミは?

スノーピークの「ローチェア30」はアウトドアにとって必需品とも言えるアイテム!スノーピークの「ローチェア30」に座れば、大自然で仲間や家族と過ごす時間をより楽しいものにしてくれます。類似の別モデルも販売されておりますので魅力や各モデルの比較や口コミを徹底解説致します!

この記事をかいた人

釣りもキャンプも始めて20年。読者の皆さんと知識を深め、アウトドアライフを充実させていきたいと思います。よろしくお願いします。

スノーピークの「ローチェア30」とは?

日本を代表するアウトドアブランド「スノーピーク」のローチェアです。”30”というのは、座面の高さが地面から30cmでることに由来しています。座ってみて感じる安定感と座り心地の良さは”最強”という例えを冠しては恥ずかしくない出来です。腰を包むような設計により、まるでリビングでソファに座っている体感をすることができます。

座って作業をしても体に大きな負担を感じないので、アウトドアで使用するだけでなく室内での日常使いにも適合する万能アイテムです。山や海のアウトドアで景色に馴染む落ち着いた質感、室内で他の家具に埋もれない存在感があります。本製品は、豊かなアウトドアライフ、差別化された部屋のアレンジを提供してくれるでしょう。

「ローチェア30」商品解説

特徴はその座面の低さです。価格は税別で16,000円と、ホームセンターで1,000円のチェアが販売されていることを考えれば非常に高価な製品ですが、安定感がありゆったりと座ることができます。本稿では、基本的に現行モデルである「ローチェア30 LV091」について解説します。

商品詳細

本製品の仕様は以下の通りです。重量が1kgを下回るチェアもあるということを考えると、重量が3.6kgというのは重ずぎるようにも思えます。しかし、この重量によってチェアの安定感が生まれているのです。また、収納すれば脇に抱えて運搬することもできる大きさになるので、目的地までは自動車で運び素早くセットすることが可能です。

  • サイズ   58×65×86(h)cm
  • 重量    3.6kg
  • カラー   ブラウン、カーキ
  • 材質    フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル
  • 収納サイズ 16×18×101(h)cm
  • セット内容 本体、収納ケース

ワンタッチでセットできる

機材のセッティングが難しいとせっかくのアウトドアでも気持ちが盛り下がってしまうものです。そこで、本製品のワンタッチでセットできる手軽さも魅力の一つとなります。収束した状態のまま地面に立たせたら、背もたれを押さえつつ座面のコーナーを押し下げます。コンパクトに折りたたんで専用の収納ケースに保管することで持ち運びも便利です。

座り心地が最高

本製品の最大の特徴、それが座り心地です。竹素材を使用したアームレスト、柔らかい地面にも潜り込まないように設計された接着部パーツ、帆布のように丈夫な生地。安定した座り心地を支える根拠は製品全体に散りばめられ、一つの最高傑作を形作っています。体にフィットするチェアの感触を楽しんでください。

さらに、大きな背もたれの設計になっているため、アウトドアに来ていながらチェアに身を任せ、青空、星空、夕焼け空を眺める贅沢を味わうことができてしまうのです。せっかくの非日常空間を体感するわけですから、ラグジュアリーな体験を提供してくれるアイテムを選びたいものです。

子供と同じ目線になれる

本製品の特徴は座り心地の良さだけではありません。その座面の低さも大きな特徴です。座った時の目線の高さがとても低い位置にあり、子供と同じ目線になることができます。大人が見ている目線とは異なる位置で景色を眺めることもできるだけでなく、子供との物理的な距離が縮まり会話も弾むことでしょう。

下の記事の中でローチェア30も紹介されています。多種多様なアウトドアチェアが紹介されている記事ですので、本稿の中で書ききれなかった他のチェアと比較する際の材料として参考にしてみてください。

スノーピークのローチェアはいろんなモデルがある?その口コミは?

NEXT スノーピークのローチェアはいろんなモデルがある?その口コミは?