チニングラインのおすすめ9選!種類ごとの特徴や太さの選び方も徹底解説

東レインターナショナル シーバスPE パワーゲームの魅力

コーティング剤を使っていないので、他のPEラインとは違い強度に優れています。また、通常あるハリなどもなくし柔らかさを上げる事でクセもなくなり、扱いやすくなります。視認性を追求したラインの色になっているので、計算して釣りを楽しみたい方にはおすすめのラインです。ぜひ、試してみてください。

チニングラインのおすすめ9選⑥ライン スーパーブレイド

サンライン(SUNLINE) PEライン スーパーブレイド5 HG 150m 0.6号

Amazonで見る

サンライン(SUNLINE) ライン スーパーブレイドの特徴

配色が施されているので、飛距離や潜行深度を計算しやすくなります。ラインに青・ピンク・緑・オレンジなどのさまざまな色が約10メートルごとに付いているので、計算しながら釣りをしたい人にはおすすめのPEラインです。飛距離が視覚で見えるので、チヌまでどれぐらいの距離かを感覚で掴む事もできます。

サンライン(SUNLINE) ライン スーパーブレイドの魅力

サンラインは品質がとても良く、使いやすいです。高感度な上に強度も抜群なので、チヌのパワーが強くても全く負ける事はないといえます。普通のラインだとどうしても力の強いチヌに負けるかもと言った不安が生まれますが、サンラインのスーパーブレイドにはその心配は不要です。高強度なのでパワーのあるどの魚にも使えます!

チニングラインのおすすめ9選⑦フロロカーボンライン ベーシックFC

 

サンライン(SUNLINE) フロロカーボンライン ベーシックFC 300m 0.6号 2lb

Amazonで見る

サンライン フロロカーボンライン ベーシックFCの特徴

リーズナブルな価格帯で、ラインの太さも2lb〜20lbまで幅広く自分のスタイルに合ったラインを選ぶ事ができます。また、低価格にも関わらず、高強度なので、満足度も高く人気のフロロラインです。

サンライン フロロカーボンライン ベーシックFCの魅力

コストパフォーマンスに優れたベーシックなフロロラインです。メーター表示のマークシールが付いおり、側面にラインの取り出し口があるので、ケースのまま巻取り可能とフロロラインの中では扱いやすくなっています。

チニングラインのおすすめ9選⑧R18フロロリミテッド

 

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 12lb

Amazonで見る

シーガーR18フロロリミテッドの特徴

フロロラインの原料となる樹脂をシーガーが独自で製造しており、その樹脂原料を使ったラインを作っています。自社原料を使って自社製造しているので特性を十分に活かしてフロロラインを製造しています。

シーガーR18フロロリミテッドの魅力

シーガーR18フロロリミテッドの最大の魅力は、しなやかさと強度です。FNT製法(ラインの強さにしなやかさと糸よれをしにくくし、縮みにくさを合わせる技術)と二重構造(ラインの内側と外側で別の素材になっている)がこの製品のウリです。衝撃や摩擦に強く、より使いやすさを求めて仕上げたのが二重構造という事です。

NEXT チニングラインのおすすめ9選⑨シーガーフロロマイスター