チニングラインのおすすめ9選!種類ごとの特徴や太さの選び方も徹底解説

チニングラインの種類:PEライン

PEラインは他のラインよりも軽くなっており、波や風の影響されやすいです。扱いに少し難しいと感じることもあり、上級者向けといわれています。そして、ナイロンラインよりも軽く浮きやすいので表層やミドル層狙いにおすすめです。

ルアー釣りの定番として使われているのがPEライン

伸縮性がほとんどなくフロロラインよりも感度が高いので、あたりを感じやすいです。また強度も群を抜いて良いのでその分ラインを細くできますが、耐摩耗性が低く結束部も弱いです。メリットやデメリットが多いですが、製品選びに拘ればPEラインはチニングに最適といえます。

チニングラインの太さ

ラインを選ぶ太さの基準は、チヌのサイズやフィールドの状況で選びます。チヌは力がある魚なので、太目を選んだ方がいいと思われがちですが、太すぎると感度を感じにくくなるので、細めのラインでも十分といえます。それぞれのラインのおすすめポイントをまとめてみました。

チニングラインの太さ:ナイロンラインの場合

ナイロンラインは8~12lb(号数ですと2〜3号)程度がおすすめです。ビギナーには1人でも使い勝手の良いナイロンラインから始め、ルアーの使い方など慣れてきた時に使いたいラインに替えていくのも。ナイロンラインにするなら、ソルト用に開発されたラインがおすすめです。

チニングラインの太さ:フロロラインの場合

フロロラインを使用する場合も8~12lbがおすすめです。海底などボトムを狙ってのチニングで利用する場合は、耐摩耗性が高く比重が重いフロロラインがおすすめです。細さも重要ですが、ボトムでのズル引きでも耐えられる太さに注目して選んだ方がチニングをより楽しめます。

チニングラインの太さ:PEラインの場合

PEラインは0.4~0.8号前後がおすすめです。ボトムを狙う場合は太めの方がいいですがその分感度が落ちてしまうので、表層から中層を狙うのであれば、0.6号が扱いやすいといわれています。細いのが不安と思うのであれば0.8号から選び、徐々にラインを細くしていくことをおすすめします。

チニングとショックリーダー

ショックリーダーとは、チヌの急な食いつきからショックを軽減させ、根ズレからラインブレイクを守り、細いラインやPEラインを使用する際にメインラインの破損を防ぐために結束するラインのことです。PEラインで釣りをする際にはなくてはならない重要な役割を受け持っています。では、チニングにおすすめのショックリーダーをご紹介します。

ショックリーダーはPEラインでは必須

ナイロンラインやフロロラインを使用する際は不要と考えられていますが、根ズレや結束部分が弱いPEラインを使う時はショックリーダーを装着することをおすすめします。また、耐摩耗性が低いPEラインは弱点をカバーするためにもショックリーダーを欠かせません。

ショックリーダーはラインと同じ太さがベスト

PEラインが0.4号であれば2号(8lb)、0.6号であれば3号(12lb)、0.8号であれば4号(16lb)がおすすめです。ですが、中級者や上級者の間ではラインよりも一回り細いショックリーダーを使用していることが多いといわれています。

NEXT チニングラインにおすすめなショックリーダー