アトランティックサーモンとトラウトサーモンの違いは育て方にあった!?

アトランティックサーモンのおすすめアウトドアレシピ

サーモンのホイル焼き 季節の野菜添え

材料(2人分):アトランティックサーモン(フィレ)2切れ、塩コショウ少々、バター適量、玉ねぎ1/2個、プチトマト10個、シメジ1房、ブロッコリー適量、季節の野菜(お好みで)適量、レモン1/4個

下準備として、サーモンに塩コショウを振り、玉ねぎは輪切りにし、シメジは小房に分け、ブロッコリーと季節の野菜は適当な大きさに切っておきます。アルミホイルに玉ねぎを敷き、その上にサーモン、バターを乗せます。周りにプチトマト、シメジ、ブロッコリーを置いて包み、BBQグリルで蒸し焼きにします。季節の野菜も一緒に焼きましょう。

アトランティックサーモンの生息地・分布について

アトランティックサーモンの「アトランティック(atrantic)」とは「大西洋の」という意味で、名前のとおり大西洋とその沿岸の河川に生息している鮭の仲間です。北大西洋沿岸の温帯域から北極海域に分布し、ヨーロッパでは、サーモンといえばこの種類のことを指します。日本に輸入されるものはほとんどがノルウェー産です。

トラウトサーモンの生息地・分布との違いは?

トラウトサーモンは養殖ものなので、生息地と言えるかどうか微妙なところですが、日本のスーパーで見かけるのはたいていチリ近海で海上養殖されたものです。また、日本国内でも養殖されています。元の品種である天然のニジマスは、カムチャッカ半島から北米大陸の太平洋岸のアラスカ、カナダ、アメリカ、メキシコ北西部などに分布しています。

アトランティックサーモンの生態・特徴について

アトランティックサーモンの一生

天然のアトランティックサーモンは、成熟すると産卵のために河川に上りますが、産卵を終えると、息絶えてその一生を終えます。卵から孵化した幼魚は、生後1~6年くらい生まれた河川で過ごした後、より多くの餌を求めて大西洋北部の海洋に出ます。そして、1~4年の年月を経て成長し、また生まれた河川に戻って産卵するのです。

アトランティックサーモンの体の特徴

アトランティックサーモンは、鮭の仲間の中では比較的大型で、成魚の体長は平均で約1メートル程です。大きなものは全長1m50cm、体重50kgにも及びます。体の大きさにしては頭部が小さく、頭から背中にかけて黒色の斑点が見られます。

トラウトサーモンの生態・特徴との違いは?

先述の通り、トラウトサーモンとは海で養殖されたニジマスの事です。ここではアトランティックサーモンとニジマスの生態を比べてみます。アトランティックサーモンが河川と海を行き来するのに対し、ニジマスは基本的に淡水のみに生息する魚です。成魚の体長は平均約40cmほどで、アトランティックサーモンと比べるとやや小さめの魚です。

違いを知ってアトランティックサーモンを楽しもう!

アトランティックサーモンとトラウトサーモンの違いをご紹介しましたが、いかがでしたか?よく似ているけれど、両者の違いがお分かりいただけたのではないでしょうか。違いを知り、それぞれの特徴を活かした楽しみ方をすることで、みなさまの暮らしがより豊かなものになることを願っております。おすすめのレシピもぜひ試してみてくださいね。