ジグヘッドのおすすめ14選!重さの選び方や使い方をチェックしよう!

ジグヘッドおすすめ⑭

ティクト(TICT) アジスタ Sサイズ 1.0g

  • フックサイズ:S
  • 自重:1.0g
  • ベースはラウンドタイプで良く飛び、斜め上に引く事ことを考慮した水受け断面で軽量でも操作感の高いジグヘッドです。
  • 一般的なアジ20cmの口の大きさに合わせたゲイプ幅となっております。
  • 早掛け対応のオープンゲイブです。
  • アジに強い金針仕様になってます。
  • 横からでもすっぽりと口に入りやすいショートシャンクです。
  • 出典:Amazon

5・ジグヘッドの重り

メバリングでのジグヘッドは、釣りやすい夜間なら1グラム程度を基本の重さとし、潮の強弱や風の有無などに従って重さを変化させていきましょう。風のないの状況でジグヘッド単体の小勝は0.5グラムから、重いものではあ1.5グラムとなっています。日中など海底あたりを狙う時は、2~3グラムが適度です。浅いとこ狙いの0.4グラム以下は、ジグヘッド単体では飛距離が出ないことも。そんな時は、飛ばしウキなどを加えます。

メバリングでのジグヘッドは、釣りやすい夜間なら1グラム程度を基本の重さとし、潮の強弱や風の有無などに従って重さを変化させていきましょう。風のないの状況でジグヘッド単体の小勝は0.5グラムから、重いものではあ1.5グラムとなっています。日中など海底あたりを狙う時は、2~3グラムが適度です。浅いとこ狙いの0.4グラム以下は、ジグヘッド単体では飛距離が出ないことも。そんな時は、飛ばしウキなどを加えます。

6・ジグヘッドの結び方

ジグヘッドとラインとを結ぶための決まった結び方はないので、基本的には、サルカンなどのいわゆる各種接続金具とラインとを結ぶ時に用いる結ぶ方法をを使います。 ジグヘッドの結び方として利用可能な、「クリンチノット」、「ユニノット」、「フリーノット」、「パロマーノット」の4つの結び方の詳細や、結び方を選ぶ時ののポイントとなる、特徴について、初心者の方にも理解しやすいように説明いたします。

ジグヘッド結び方1 クリンチノット

クリンチノットは、いろんな釣り方で使われている最もよく知られた結び方です。 結ぶ時も特別な技術はいらないので、いろいろな釣り方で利用できる結び方です。釣り初心者の方は必須の結び方です。 結びの構造上、糸同士の摩擦抵抗がなるべく大きくならない結び方ですので、結束の強度は、使用するラインの直線の強度の65 – 70%程度に程度です。 それでも、初心者の方であってもしっかりと、結べるということや、わりに早く結べる所などから、とても実用的な結び方と言えます。 クリンチノットを行う際の注意点として、1.5号未満の糸でクリンチノットを行う時には、糸がヨレないように気を付けて結ぶようにします。

ジグヘッド結び方2 フリーノット

ラインの直線強度の80 – 85%程あります。フリーノットもルアーフィッシングで使われている結び方です。 上のユニノットを改良した結び方です。それほど難しくなく、何度か練習すれば釣りの初心者でも使える結び方です。。 フリーノットは、ジグヘッドのラインアイに直接ラインを結び付けないため、ジグヘッドが輪の中で軽快に動くことできることできます。 そのため、ジグヘッドの泳ぎがよくなり、魚に対してジグヘッドの存在を示すことが可能です。 ジグヘッドのラインアイに、直接ラインを結び付ける「結び方」の場合は、結び方の上手い下手によっては、ジグヘッドのラインアイの太さが結束の強度に頼ってしまうことがありますが、フリーノットは、そのような心配が一切無いのも利点の1つです。 そのため結束強度は、上のユニノットよりも、高いです。

ジグヘッド結び方3 パロマーノット

 

ラインの性質を限界まで利用して、結束強度を高める結び方ゆえに、結び方の方法やしくみが複雑です。釣りの初心者がパロマーノットをマスターするには、たくさんの練習が必要でしょう。一般に広く使われている「結び方」で、小物相手から大物相手の釣り方に幅広く使われています。  結び方が難しい分、結束の強度もとても高く、ラインの直線強度の85 – 90%はありますので、多くの人達の間で知らています。結び方の中では、究極の結び方と言えます。 ところが、細いラインでパロマーノットをすると、ライン同士の接触面積が狭くなって、ライン同士が食い込み合うことにより生ずる「高い摩擦抵抗力」を得れないないため、お勧めできません。 結ぶ時に時間がかかるため、「早く結べる結び方」とは言えません。

ジグヘッド結び方4 ユニノット

ユニノットは、ルアーフィッシングでよく使われる結び方です。 ルアーフィッシングでも大切な、ルアーを取り換える時に手早く結べるスピードと、魚が暴れて強い引きに耐えうる強度とのバランスが保てるため、ジグヘッドの結び方にも最適です。 エサ釣りにおいて、針とハリスとを結ぶ時に使う「内掛け結び」に似たつくりで、釣りの初心者でも簡単に実行可能な結び方です。 結束の強度は、クリンチノットよりも強く、ラインの強度は75 – 80%程度です。 慣れれば簡単に結べます。細いラインでも「強度の低下」が起きにくいというメリットもあります。ジグヘッドを使うときのすべての釣り方で適応するでしょう。

ピノキャロ仕掛け

1 遠投が効き、沈みが速いです。 2 吸い込みがよくアタリも伝わりやすいようです。3 テンビン効果で絡みがな無く根掛かり藻掛かりが少ないです。4 ルアーとオモリが離れているためルアーの動きが自然なのが特徴です。

作り方は中通しナツメオモリに投げ釣り仕掛け用のカラミ防止パイプを通すだけです。

◇ロッド:アジング専用ロッド
◇リール:両軸リール100~150番
またはスピニングリール1000~2500番
◇幹糸:PE 0.3~0.6号
◇リーダー:フロロカーボン 1.7号 2m
◇タングステン:3~10g(浅場)、28~56g(深場)
◇ストッパーまたはサルカン
◇ジグヘッド 0.1~1g
◇ワーム:アジング専用ワーム 2~3インチ

(引用:三重県尾鷲大ちゃん渡船武丸)

 

8・ジグヘッド ワーム 付け方

アジングと言えば、ジグヘッド&ワームという印象が強いです。他に、メタルジグなどで釣る方法もあります。一般に聞くところによると、ジグヘッド&ワームが最もよく釣れると、評価が高いようです。昼間の釣りでは、メタルジグの方が軍配が上がる場合もあります。

9・ジグヘッド スナップ

ジグヘッド用スナップが便利

昔は、ジグヘッドリグという仕掛けは直結でfishingをするものでした。ダートの動きが制御されて、うまくダートしないようですし、フリーノットの方が泳がせている時も敏感な潮の流れの影響で自然なアクションになるように感じます。

だから、出来るだけ固定式のノットを使いたくないですが、それならスナップを使えばいいかもしれないです。フリーノットは少し面倒だしジグヘッドを再び結び直す時に微妙にリーダーがすり減るのもデメリットになります。スナップも最近は進化していてジグヘッド専用のスナップが売られており非常に簡単にジグヘッドの交換が出来る物もあります。重さは0.04グラムとかでまず無視できるレベルです。

小さなワームを使うの時は動きが変わるのが心配かもしれません。ここまで小さいものならば、殆ど無視していいのだと感じ、夜釣りの時にジグヘッド交換をするのは、本当に見えにくく、冬ならば手が動かなくて手間のかかる作業なので、簡略化出来るジグヘッド用のスナップは「ビッグアドバンテージ」になるでしょう。

10・ジグヘッドリグ

ジグヘッドリグはフックとシンカーが一体型となった仕掛けのことです。主にラウンドヘッドと呼ばれる球体の丸いヘッドが重り(ウエイト)となっています。

バス釣りが有名ですが、アジング、メバリング、シーバスなど色んな魚を狙うのに使える基本的なリグです。重いジグヘッドを使えば、遠くまで投げられますし、海底に達したこともわかりやすく、狙うレンジを変更する事が出来ます。またジグヘッドリグはスピニングタックルを使うとスキッピングがわりと簡単に出来きます。

ジグヘッドの種類をいくつか紹介いたします。

ラウンドヘッド

ジグヘッドの中でも最もポピュラーな形状がラウンドヘッドです。丸いボールのような形で、一番扱いやすい形状です。

フットボールヘッド

名前の通りフットボールのようなヘッドをしています。ボトムでの安定感が特徴。僕は自作でラバーを巻いてラバージグとして使っています。自作はラバージグを買うより安く出来るのがメリットです。

ペラ付きジグヘッド

人気のあるフィッシュアローのペラ付きジグヘッドがおすすめです。わずかな水流でもプロペラが回るので見てるだけで楽しく、バスへのアピール力も上がります。少しでもペラが曲がると回らなくなるのがデメリットのようです。

11・ジグヘッド 自作

ジグヘッドを自作しましょう。難しそうな感じはしますが、慣れれば簡単です。用意するものがありますが、どれも簡単に手に入るものです。あなただけの自作のジグヘッドは世界にたった一つのものです。釣りの世界を広げましょう。

準備するもの

①アジング用フックを用意します。「土肥富レンジクロスフック」は使いやすいです。フックの形は「オープンゲイプ」でフォールの釣りにおいて一番適した形状です。強力に研ぎ澄まされた針先の鋭さはナンバーワン。フォール中心の釣りが頻繁な方には最適のフックですのでお勧めです。下記のようなものです。

②ガン玉

使用するガン玉の適当なサイズは「1号(0.4g)」~「5B(1.85g)」が最適です。ガン玉はとても安くて1袋あたり「60円程」程度です。サイズが大きくなるほど数は少なくなります。20個ほどあれば、1個につき3円ほどです。

③ペンチと瞬間接着剤

これはガン玉にフックを固定する時に用います。なお、瞬間接着剤はさらっとした液体の物が使いやすく手軽です。瞬間接着剤はダイソーで購入したもので十分です。

作り方

①ガン玉を選びます

気に入った大きさのガン玉をハサミなどを使い口を広げます。切り込みが真ん中に上手く入っているものを選別します。偏りがありますものはボツ。均等に切れ込みが入ってるもの使います。ガン玉が大きくなるほど偏りが大きくなりがちなのでよく選びましょう。

②フックをガン玉にはめるようにします

そして、ベンチでガン玉を固定させ、フックをはめて、指先でそっと挟んで接着させます。
力を入れ、強く掴み過ぎないように注意します。瞬間接着剤を注ぐスぺースを開けておきましょう。

③瞬間接着剤を注いでしっかり固定します

ガン玉の開いてる間に瞬間接着剤を少量注ぎます。液が多すぎた時は、ティッシュで素早く吸い取ります。そのあと、ペンチでしっかりと挟んで固まるまで固定します。これで完成です。簡単です。1分もかかりません。

12・ジグヘッド ケース

お勧めのケース

釣りが大好きな皆さんは、ジグヘッドの整理をどうやっていますか?特にアジングやメバリングで使うジグヘッドは小さいものが多数あるので、胸ポケットや購入した時の小袋に入れておくと、すぐに無くしてしまいがちです。それに引き換え整頓されて気持ちよく並んだジグヘッドを見ると、気持ちが充実してきます。ここでおすすめのジグヘッドケースをご紹介しましょう!

①ダイワ(Daiwa) ワーム ケース アジング メバリング 月下美人 ローテーションケース 747899

 

13・ジグヘッド 餌

これから、水温が低くなる時期でもあたりが期待できるガシラ、メバルといった魚たちをターゲットにする時、役に立つのが「ジグヘッド+餌」です。ただし、温度の低い水に強い「根魚」だが、決して動きは活発ではない。そんな魚を狙うのに見出したのが、動きで引き寄せるルアーフィッシングと、嗅覚、味覚に訴えるエサ釣りを合わせた、「グヘッドにエサをセットする釣り」です。きっと寒い時期のこの頃から暖かくなる春までの、最も低水温の期間でも、このしかけなら、根魚の軽快なヒットと、心地よい引きを楽しめます。

エサ

この場合使用できるエサは、「アオイソメ」や「イシゴカイ」といった生きたワームに冷凍の「オキアミ」やサンマ、サバなどの魚の切り身などです。特に冷凍保存ができるオキアミやキビナゴ、魚の切り身などは、自宅から持参でき、ワームを使うロックフィッシュ感覚で楽しめるイージーさが快適だ。但し動きを持たせて魚にアクションを誘うので、餌の刺し方には外れないよう気をつけましょう。

14・まとめ

ジグヘッドの初め

初めての経験で「ジグヘッド」を使う時は、リーリング時の引っ張る抵抗を受けやすく大きく感じる場合があります、飛ばすときの距離が出やすい『丸型』が良いでしょう。重さは1~1.5グラムを基本に重いもの、軽いものを用意していると便利でしょうでしょう。フックサイズは、#7~#8。ゲイプはノーマルタイプが使いやすく、初心者には相応しいです。バスフィッシングで使われるオモリとハリがひとつになったリグ、「ジグヘッド」。最近は人気の「アジング」でもよく使われ、小さなジグヘッドとソフトルアー(ワーム)のマッチングで、海岸からアジをゲットします。

ジグヘッドはたった1つの種類のみを使用するものではありません。魚の種類によって、また状況によっていくつかの種類を使用しさし変えるのがジグヘッドの良い戦略です。皆さんもジグヘッドの魅力をあじわってみませんか。釣りの世界がまた一つ広がります。