高子沼グリーンランドは世界レベルの心霊スポット?恐怖の廃墟の現在までを解説

アニメ「FREEDOM」

2006年から2008年にかけて展開、発売されたOVA「FREEDOM」において、宇多田ヒカルの楽曲「This Is Love」がオープニング曲として使用され、そのオープニングアニメ内で廃墟の実写映像の一部として使用されています。

高子沼グリーンランドの現在は?

出典:pixabay

恐怖の事件や多数の心霊現象の噂、様々な作品のモデル・ロケ地になり、海外のサイトでも紹介されるほど有名な遊園地の廃墟ということで、行ってみたい方も多いと思いますが、今も訪れることは出来るのでしょうか?現状について解説します。

遊具の撤去が行われた

出典:pixabay

行ってみたいと思われた方には残念な結果となりますが、2006年の後半頃に放置されていた遊具類は全て撤去され、併せて施設も休憩所のみ残し解体となり、遊具類があった跡と森林のみが残る状態になっていました。

現在はソーラーパネルが並んでいる

出典:pixabay

その後、跡地は整地され、2014年時点において、多数のソーラーパネルが並ぶメガソーラーの基地になっていて、遊園地であった面影はなくなっています。その為、当然ではありますが立ち入ることは出来ません。

グーグルマップに出ないと話題

出典:pixabay

グーグルマップで探せないと話題になり、様々な噂と相まって注目を集めていました。しかし、実際には閉園していれば地名などは削除される上、本格的に普及しだした頃と施設の撤去が重なる為、マップに出なかったということでした。

他にも魅力的な廃墟はあるけど

出典:pixabay

日本には他にも今でも訪れることの出来る魅力的な廃墟が数多くあり、情報も多く出回っています。行ってみたい方もいるかと思いますが、廃墟には多くの危険がありますので、行く前に必ず心得ておくべきことを解説します。

廃墟に行くとき

出典:pixabay

廃墟は心霊スポットとされていることも多く、肝試しなどで深夜に行きたくなるものですが、周囲が把握でき、想定外の事態に対応出来るように、入念に下調べをした上、必ず昼間、複数人で行くようにして下さい。

装備を整える

出典:pixabay

方々が朽ちて、通れなくなった場所や普通通らない危険な場所を無理やり通る上、場所によっては蜂や蛇に遭遇する可能性もあるので、最低でも長袖・長パンツ、靴はトレッキングシューズといった動きやすく、体を保護出来るような恰好が望ましいです。

廃墟に入ったら

出典:pixabay

内部の非現実感に興奮すると思いますが、叫んだり騒がないようにして下さい。不審者として通報されることがあります。また、慎重に行動し、うかつに物に触れないようにして下さい。せっかくの廃墟を破壊することになる上、崩壊に巻き込まれるなど、命に関わる可能性もあります。

NEXT 廃墟に行ったばかりに