トンネルテントおすすめ15選!大流行のおしゃれ快適テントを徹底紹介!

目次

トンネルテントのおすすめポイント②簡単な設営手順

Free-Photos / Pixabay

力の弱い方や初心者にとって悩むのが、テントの設営方法ではないでしょうか。構造が複雑になればなるほど、設営も難しくなることでしょう。そんなキャンパーたちにとっても、トンネルテントは便利で簡単に使用できます。

ドーム型よりもわかりやすい単純構造

yongxinz / Pixabay

ドーム方と比べて、何といってもその単純な設営手順は多くの人の悩みを解消しました。3,4本のみで支えられているポールとシート、ペグのみで成り立っているトンネルテントは、その単純構造だけでなく、立てる際の力も少なくて済みます。

設営時ペグダウンは必ず行うこと

cloudlynx / Pixabay

他のテントと違う点は、ポールを入れた状態でもまだテント全体が寝ている点にあります。そこから起こしてペグで固定するため、ペグダウンは必須の工程となります。また方向性を間違えたままのペグダウンはテントの傷みや固定できないといったトラブルにつながることもあるため、注意が必要です。

トンネルテントのおすすめポイント③流行の流線型デザイン

kikkuru0606 / Pixabay

そして通常のテントと違う点は、何といってもその形状にあります。先に述べたようなカマボコ状の見た目はデザイン性にも優れており、従来のテントのイメージを一新しました。機能性だけではなく、デザインの美しさも商品を選ぶポイントの1つと言えるでしょう。

キャンプサイトで映える流線型

StockSnap / Pixabay

三角のテントが立ち並ぶ中、ひと際目を引くのがその丸いフォルム。さながら童話の世界にいるようなかわいらしさや、他とは違った個性的な面を持ち合わせています。外から見ても内部の広さがわかり安く、周りからの視線にも負けることはありません。

流線型デザインは耐風性も優秀

MichaelGaida / Pixabay

トンネル型の優れている点は、デザイン性だけではありません。アーチを描いたその形状は風をうまく受け流し、倒れにくく丈夫な空間を実現しました。これなら、夜間に突然テントが倒れるといったアクシデントもなく、安心して眠ることができます。

トンネル型を活かしたレイアウトとは?

女性キャンパーも増えている中、テント内部のレイアウトはこだわりたい方も。SNSには、トンネル型を活かしたお洒落なレイアウトがたくさんアップされています。せっかくのキャンプ、自分のお気に入りの空間を作り上げてみてはいかがでしょうか。

やはり強みは2ルーム

先にもご紹介したように、2ルーム構造で広々をしたトンネルテントは内部レイアウトの幅も広がります。リビングスペースには、この画像のように大き目のテーブルを設置し、料理を並べることもできます。こちらも最近注目が集まっている、「キャンプ飯」と呼ばれるキャンプでの食事をSNSにあげる際も役立つことでしょう。

ちなみに、キャンプ飯には様々なタイプがあり、ひと手間で簡単にできるものから本格的なイタリアンなどのお洒落を追求した料理、食材を生かしたワイルドなものなどが人気です。2ルーム型のトンネルテントは、調理も食事も快適に楽しむことができる広さを持っています。

NEXT 寝室スペースのレイアウト