トガリネズミはネズミじゃない?ユニークで可愛い見た目と生態の秘密に迫る!

トガリネズミという生き物をご存知ですか?ツンと長く尖った鼻をもつ、小さな可愛い動物です。どう見てもネズミに見えるのですが、実はネズミではありません。ユニークで可愛い見た目と、その生態について解説していきます。

この記事をかいた人

フリーライター。 旅行とファッションが好きな元OL。

トガリネズミとは

7854 / Pixabay

日本ではあまり馴染みのないトガリネズミですが、一体どのような動物なのでしょうか。基本的な情報からちょっと変わった生態まで、小さい体に秘められた彼らの魅力を詳しくお伝えします!思わず見てしまう可愛い画像や動画もご紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

トガリネズミ科の小動物

トガリネズミとは、トガリネズミ目トガリネズミ科に属する生物の総称で、アニメのキャラクターや絵本にも取り上げられている人気の小動物です。その中でも、ジネズミ類を除くトガリネズミ亜科、カワネズミ属やジャコウネズミ属を除くトガリネズミ属がトガリネズミ類と呼ばれています。

実はネズミではなくモグラの仲間

Beeki / Pixabay

名前からネズミの仲間だと思われがちですが、実はモグラやハリネズミの仲間。グレーがかったくすんだ茶色の毛で覆われており、目や耳は小さく、細長く尖った鼻先をピクピクと動かしながら獲物を探します。

トガリネズミの歯は赤い

鉄分を含む赤い色素が含まれているため、歯は濃い赤色で染まっています。特徴的な前歯が2本あるほか、ギザギザの小さい歯がたくさん生えています。年齢を重ねると歯はすり減り、赤い部分が少なくなると言われています。

夜行性で虫やミミズが主食

rkarkowski / Pixabay

主な活動時間帯は夜とされており、クモやコオロギなどの昆虫類や、土の中で生活をするミミズを食べて生活しています。川などの水辺で生活している種類は魚類、海外には大型のネズミ類を捕食する種類もいます。

トガリネズミは種類が豊富!

世界中には約400前後の種類が生息しています。生息環境は地表性の昆虫類が多い環境に限られ、落ち葉の多い腐植層で生活をしています。発見の困難さゆえ、まだまだ詳しい生態が分かっていない種類も多くいます。

日本国内だけでも12種類もいる

日本でに生息している彼らの仲間は、日本国内だけでも約12種類。オオアシトガリネズミ、エゾトガリネズミなどが比較的よく目撃されています。海岸や湿地、山地の森林など多様な環境に生息していると言われています。

海外だと21種類も

NEXT 海外だと21種類も