アウトドアベッド厳選20選!コットとエアマットどちらが快適?

キャンプでも自宅と同じ寝心地で快眠したい!誰もが望むことですね。快眠を妨げる暑さ寒さや地面の凸凹の対策に必須のアウトドアベッド。コットとエアマットはどちらが正解なのか?解説を読んで納得してください。おすすめのアイテムも多数紹介します。

この記事をかいた人

為せば成る・・・? 一つ一つお世話します!

キャンプでの睡眠にアウトドアベッドが有効な理由

ここでは野外活動の肝ともなっている、キャンプでの睡眠にアウトドアベッドが有効な理由を考えていきましょう。地面の凸凹から解放されることや、地面からの寒さ暑さを防ぐことなど多くの利点があります。

アウトドアベッドがあれば地面の凸凹から解放されて熟睡できる

寒さ暑さもそうですが、地面にある凸凹も睡眠を妨げます。ここは重要な点で、アウトドアベッドがあれば地面の凸凹から解放されて熟睡できます。これはアウトドア活動をする上で大切なことの一つです。

アウトドアベッドは地面からの寒さ暑さから体を守ってくれる

コットはもちろんですが、エアベッドもある程度厚さがあります。これはアウトドアベッドは、地面からの寒さ暑さから体を守ってくれるということになります。これは大きなメリットで、自宅で寝るときのような快眠に繋がります。

軽量コンパクトなアウトドアベッドなら持ち運びも苦にならない

どちらにしても最近アウトドアシーンで展開されているものは、軽量でコンパクトなものが多くなっています。こういったアウトドアベッドなら、持ち運びも苦にならないものとなってきます。これはメリットの一つです。

アウトドアベッドがどちらが正解?コットとエアマット

ここでは2つの種類尾であるコットとエアマットについて、アウトドアベッドとしてどちらが正解かを考えてみましょう。それぞれ一長一短がありますが、そのメリットとデメリットについて見てみましょう。

コットの特徴とメリット・デメリット

ロータイプのコットの場合の長所からです。床からの距離もあり、夏は涼しくて冬は暖かいということがあります。短所は組立が必要ということです。ハイタイプの場合も長所の寝心地良好は同じで、こちらは組立と収納サイズが大きいのが短所です。

エアマットの特徴とメリット・デメリット

薄いタイプのマットを除くと、スポンジ系マットなどのエアーを入れるものになります。そこそこの厚みがある場合は、長所はふかふかな寝心地で家のベッドに近いというものがあります。短所は空気をいれて膨らますのが大変ということです。

一体どっちのほうが良いのか?

NEXT 一体どっちのほうが良いのか?