ホワイトガソリンランタンを使いこなそう!使い方からメンテナンス方法まとめ

故障してしまったホワイトガソリンランタンの修理方法と対策は?

使っているうちにホワイトガソリンの調子が悪くなってしまうこともあります。ここではその症状に応じてどのような対策が有効かご紹介していきます。

ポンピングが出来ない

オイル切れが原因の場合は、「メンテナンス方法」の項で紹介したオイルの注入を試してみてください。ポンプカップの摩耗の場合は交換が必要です(のちほど詳しく説明します)。

炎が不安定

ジェネレーターの清掃をしても炎が安定しない場合は、本体の故障の可能性が高いです。部品の交換が必要ですが、新品のジェネレーターにすることで炎が安定するようになります。

燃料バルブからの燃料漏れ

燃料バルブ内の鉛製のリングの緩み、または不具合が原因で起こる現象です。鉛製のリングがつぶれないように加減して締めることで改善されることがあります。

ホワイトガソリンランタンの故障原因はこちら

ホワイトガソリンランタンも故障することがあります。しかし、これらの故障原因は知っていればあらかじめ対策することができるものです。当たり前のことではありますが、ご紹介しておきます。

メンテナンス不足

上記で紹介したような手入れが不十分だと、部品が劣化したり、錆びてしまい故障してしまうことがあります。長く使わない期間がある場合は特に気を遣ってメンテナンスをしてください。

オイルトラブル

ホワイトガソリン以外の燃料を使っていることも故障の原因になります。自動車用のガソリンには添加物が含まれていますが、それらは異常燃焼などの原因になります。燃料は必ずホワイトガソリンを使いましょう。

ポンプカップの交換

ポンプカップは定期的な交換が必要

ポンプカップには注油をする手入れが必要ですが、実はそれでもポンピングに違和感があったり圧が抜けてしまう場合があります。故障と勘違いされることが多いのですが、ポンプカップを交換することで改善することがあります。ゴム製品ですので、何度も使っているうちに劣化してしまうのです。

NEXT 修理ができない故障の場合