椿を見るのにベストな季節は?種類によって異なる見頃をチェック!

夏椿を見るのにベストな季節

shell_ghostcage / Pixabay

夏椿(ナツツバキ)は本州は宮城県より西や四国、九州、また海外では朝鮮半島の南部に自生しています。夏椿は一日花で、朝に開花して夕方には花ごと落ちてしまいます。花だけでなく葉や幹も美しく年間を通して楽しめる夏椿は、観賞用としても人気が高いです。

夏椿の品種

夏椿はツバキ科の落葉高木で、成長すると樹高が20m程になるものもあります。インドで聖樹とされる沙羅双樹と間違えられたことに由来してシャラノキ(沙羅の木)とも呼ばれ、古くから寺院などの庭に植えられてきました。夏椿は一般的に白花を咲かせますが、『夜明け前』という品種は花びらの先が薄い桃色になり、桃色夏椿とも呼ばれています。

夏椿の季節

夏椿(ナツツバキ)は夏の代表的な椿です。6月から7月に椿に似た花びらが5枚の白い花をつけることから夏椿と呼ばれています。雄しべの花糸は黄色く白い花びらとの色合いが夏に似合う清楚な花です。花も楽しめるシンボルツリーとして家庭の庭にも植栽されています。

家庭の庭で季節を感じられるのは素敵ですね。いきなり庭に植栽するのは難しくても、観葉植物を取り入れるのなら手軽に始められそうです。ご家庭で楽しめる素敵な植木に興味のある方はこちらもあわせてご参考ください。

寒椿を見るのにベストな季節

ArmbrustAnna / Pixabay

寒椿(カンツバキ)は山茶花(さざんか)との交配により生まれた園芸品種で、関西では獅子頭(ししがしら)と呼ばれます。花は淡い紅色で八重咲きのものが多いとされますが、ピンクや白の花もつけます。椿と山茶花の両方の特徴をあわせ持つ寒椿は、花ごと落ちて散る椿とは違い山茶花のように花びらが1枚ずつ散るのが特徴です。

寒椿の品種

maeda_sion / Pixabay

寒椿はツバキ科の常緑中低木で樹高は1m~3mです。枝が横に広がる性質がある上に自然に形が整いやすく華やかな品種が多いので、一般家庭の庭木や植え込みなどにも使われています。品種には白い八重の花を咲かせる『富士の峰』や『朝倉』などがあり、また枝が立つ性質を持つ立寒椿と呼ばれるものの1つに『勘次郎』などがあります。

寒椿の季節

寒椿は10月~12月頃に花の見ごろを迎える秋の代表的な椿です。寒椿と山茶花は同じ時期に花が咲き、見た目に加えて花の散り方まで同じ両者は専門家でもなかなか区別がつかないと言われています。

侘助椿を見るのにベストな季節

侘助椿(ワビスケツバキ)はツバキ科の交雑種です。花の色は白や紅色、桃紅色などがあります。侘助という名前は千利休に仕えた庭師の名前に由来する説など諸説ありますが、その佇まいから古くより茶花として茶人に好まれています。

侘助椿の品種

侘助椿は一重で猪口咲きの小さな花をつけるものが多く、雄しべが退化しているため花粉がないのが特徴です。樹高は2m~4m程です。代表的な品種に『白侘助』や『紅侘助』、桃紅色の花に不規則に白や薄桃色の絞りの模様が入る『胡蝶侘助』などがあり、庭木としても植栽されています。

NEXT 侘助椿の季節