レイプツリーとメキシコ麻薬戦争|超危険地帯で横行するレイプ殺人の背景

レイプツリーはメキシコの国境近くに点在します。レイプされた女性の下着を戦利品のように吊るしておく凶行が日常的に行われる様はまさにカオス。政府の取り締まりと麻薬カルテルの抗争が招いた超危険地帯では何が行われているのかを解説します【閲覧注意】

この記事をかいた人

たくさんの記事をみなさんにお届けします.

レイプツリーとは?

4657743 / Pixabay

戦争が生んだ悲劇はいまだに世界各地で牙をむいており、日本に住んでいては、想像もできないような事態が世界では繰り広げられています。その一端である「レイプツリー」について紹介していきます。

レイプツリーとはレイプ被害女性の下着が吊るされた木

レイプツリーとは、連れ去り、レイプや暴行をした女性の下着を吊るした木のことを指します。その残忍さから、日本では検索してはいけないワードとして、認知されるほどになっています。

レイプした女性の人数を誇示するかのように近くの木に吊りることで、その組織の力を示すために使われているのです。

レイプツリーの場所「メキシコ・チワワ州」

jarmoluk / Pixabay

レイプツリーが点在する地域とは、アメリカとメキシコの国境沿いに存在するチワワ州の都市「シウダー・ファレス」近郊です。

麻薬密売組織と取り締まり組織の間の終結宣言が出された後も、治安が回復することはなく、現在でも世界で2番目に危険な街ともいわれるほどです。

レイプツリーと麻薬カルテル

MasterTux / Pixabay

麻薬カルテルとは、一般的に法律で所持することすら禁止されている麻薬に関する製造や売買、使用を行う組織の総称です。麻薬カルテルとレイプツリーには、どのような関係性があるのでしょうか。

レイプツリーと麻薬カルテルの関係

RAPHAELHOFFMAN / Pixabay

メキシコで行われているレイプは、一般的に想像されるような女性を襲い、性的被害を負わせる以外にも意味を持ちます。それは、先に紹介した違法組織、麻薬カルテルと関係性が深いということです。

女性を誘拐レイプ・麻薬王の性奴隷に送ることも

b0red / Pixabay

シウダー・ファレス近郊では、女性を誘拐しレイプするための性奴隷とするだけでなく、麻薬取引に絶大な影響を与えるマフィアのボスに下げ渡す行為も横行しています。

また、街を歩く女性だけでなく、麻薬組織に反抗的な姿勢を示す女性を執拗にターゲットとすることもあります。

レイプした女性の下着を木につるす

StockSnap / Pixabay

そうして、レイプや暴力の被害にあった女性の下着を吊り下げるのがレイプツリーです。しかし、木に吊るされた下着を回収する人は誰もいません。

なぜなら、組織に反抗的な姿勢を示した場合には、レイプや暴行の新たな対象となり得るからです。そのため、木に吊るされた下着は、朽ち果てるまで木に吊るされたままになります。

麻薬カルテルの残忍性は、動画でも見ることができます。その動画に関する記事はこちら

麻薬カルテルを生んだ麻薬戦争

NEXT 麻薬カルテルを生んだ麻薬戦争