いらじって誰?twitterで話題の要注意人物?地雷エピソードまとめ

無課金でゲームをするスタイルだったいらじ

kschneider2991 / Pixabay

このゲームはゲーム内に出てくるカードを使って遊ぶものとなっており、無課金でも気軽に遊べるものとなっております。いらじはこのタイトルでは一切の出費はしないと宣言し、無課金プレイヤーでした。

もちろん課金した方が早く強くなることができ、また強くなる為のカードを引くことができる回数が増えたりします。

いらじはこのシステムをきちんと理解したうえで無課金プレイヤーとしてプレイしていたのです。もちろん無課金でも課金プレイヤーに勝つこともできます。

いらじは課金カードが強すぎるに逆ギレするように

geralt / Pixabay

しかしいくら無課金で遊べると言っても課金しているプレイヤーに勝つのは簡単ではありませんでした。自ら無課金でプレイすることを棚に上げ、課金で手に入るカードが強すぎると騒ぎ出したのです。

いらじはこのタイトルのシステムを理解してプレイしていたのに、試合で負けるのは課金のしわざと主張しだしたのです。そしてこのタイトルについても、プレイヤーに対してもディスりだしたのです。

このことからアンチがまた生まれ、オフ会の折に撮られた写メがSNSに拡散されることとなりました。さすがに自業自得としかいえません。

いらじのエピソード!その⑦まんまと釣られてしまったいらじ「ネカマ事件」

langll / Pixabay

ここまでくればあらじがいかに変な人かは大体伝わったかと思われます。そんな中次のエピソードです。なんと奇人いらじにも彼女がいた話になります。こんな人でも恋人ができるのです。

ネットで知り合った方とお付き合いをしていたのですが、その恋の行方はどうなったのでしょうか?紹介していきます。

彼女とのLINEが載っているスクショを晒したいらじ

ijmaki / Pixabay

いらじと真剣に付き合っている相手がいることに疑惑の念があがるのは無理もないことです。この性格なのでしょうがないです。その疑惑の念をもとにアンチに何度も煽られることになります。

それが元となり、なんと彼女の写真をSNSにアップロードしてしまうのです。後から誤ってアップロードしたと話しているのですが、煽られて貼ったことを知っている人間は山ほどいました。

この期に及んで彼はまた虚偽の報告をしていたのです。

それをきっかけにいらじは彼女と破局?

geralt / Pixabay

そしてこのことがきっかっけとなり、いらじから手を引いたとの旨の報告をSNS上でつぶやいています。アップロードからわずか1時間後の話で、そこからは思い出話やなぜ別れたのかについて連投されています。

彼女はいらじのどこが好きなのか?の質問に対し、絵が好きだと本人が述べており、彼女の存在は人生を明るくしてくれたとも話しています。

しかしこの悲しい話にはさすがのいらじも驚愕の結末がまっていました。

彼女はネカマだった?釣りに引っかかっていたいらじ

pixel2013 / Pixabay

彼女はなんと男性だったのです。これはネット上では女性のふりをするネカマと呼ばれるもので、とどのつまり釣りだったのです。楽しむために女性と偽り付き合ったふりをしていたのです。

しかしこれはネット上ではよくあることで、顔を合わせない限り女性だと信じる人はいません。正直引っかかるほうが稀で、珍しいのです。

自分と付き合ってくれるというだけで、その相手を無条件で味方と錯覚し、女性だと信じ込んでいたようです。

いらじのエピソード!その⑧片想いが起こした騒動?「2万円騒動」

stevepb / Pixabay

恋愛に関するエピソードはまだまだあります。とにかく自分に関わる女性はすべて自分に好意があると思い込む傾向にあるようで、なんどでも同じ過ちを繰り返し、回数を重ねる程狂気じみてきます。

まだネット回線を介しての話なので、どうとでもかわすことはできるのですが、これが現実の話ならいらじは恐らくすでに捕まっているのではないか?と安易に想像ができます。

絵師の猫野まんまに片想い?いらじはイラストを依頼する

aliceabc0 / Pixabay

いらじは自称なので同じとは決して言えないのですが、女性イラストレーターの方に片思いをします。同じ職業ということもあり(いらじは違う)余計に妄想は加速することになります。

猫野まんまさんという方で、こちらはれっきとしたプロの方となります。そんな彼女にイラストの仕事の依頼をしていました。もちろん何かしらの接点を設ける為にです。

ただこれだけのやり取りをしているだけなのですが、彼女は自分に好意があると思い込んでもいたようです。

NEXT 猫野まんまへの依頼料は6千円だったが2万円払うと告げたいらじ