「電話が怖い」のはなぜ?その心理やシーン別克服方法を徹底解説!

「自分は電話で役に立つことをしている」と自負する

AbsolutVision / Pixabay

電話を怖いと感じる自分をあまりネガティブに捉える必要はありません。

プライベートであればメールやメッセージツールで日常生活を完結出来る時代なので、あくまでも電話は仕事やバイト中の業務の一環として割り切ってしまうといいかもしれません。

仕事の上での事であれば気持ちが切り替えやすく、自分は会社や組織に貢献する役割を果たしているという自負が怖いと感じる心理を和らげ、怖い思いへの克服に繋げる事が出来ます。

電話相手との出会いに感謝

SCY / Pixabay

何十億という人々が生活する地球上で偶然たまたまその相手と自分がリアルタイムで会話していると考えると、とても貴重な体験をしているという気がしてきませんか?

あなたにとって電話が怖いものであるとしても、ある側面では貴重な出会いと捉えてポジティブに対応することが出来れば、電話に対する怖いという感情を和らげ、克服へと繋がります。

着信音を変えて電話のマイナスイメージを払拭

FirmBee / Pixabay

電話が怖いという人にとって電話の着信音はとても心臓に悪いものです。

もしあなたが携帯やスマートフォンの着信音を購入した時のままのデフォルト音に設定しているのであれば、そのメロディとは全く異なった音楽に変更する事で、着信時の怖い思いを克服する事が出来るかもしれません。

電話を怖いと感じる自分を変えるために、あなたが好きな音楽に着信音を変える事も電話に対する怖い思いを抑える効果があります。

「失敗しても大丈夫」という気持ちでのぞむ

RobinHiggins / Pixabay

極端な話、もし電話中に失敗してしまったとしてもあなたが死んでしまうような事はありません。当然、あとでリカバリーすればどうとでも挽回が出来ます。

自分から電話をかける場合は事前に入念なシミュレーションを行いましょう。

相手からかかって来た場合は、分からない事は後回しにして折り返す、他の人に頼るなど怖い思いを払拭する様々な方法がある事を頭の片隅に置いて置くことで気持ちに余裕が生まれ、克服の一歩となります。

電話で失敗しないための工夫

TeroVesalainen / Pixabay

電話が怖いと感じる人の場合、プライベートならまだしも仕事中に電話がなったらどうしようと気が気でないことも多いです。

特に仕事やバイトを始めたばかりの新入社員の場合、右も左も分からない事状態であればその怖い思いはより一層増します。

急遽電話対応をしなければならなくなった場合に備えて、事前に出来る電話対応の工夫をご紹介します。

あらかじめ聞くこと・話すことを整理しておく

StartupStockPhotos / Pixabay

電話が怖いと感じている人に共通している心理は自分が話さなければならない事を上手く相手に伝えられるかという心配事、相手の話を聞き洩らすまいと構えている緊張感です。

咄嗟の電話でその全てをまかなう事は最初のうちは難しいかもしれません。

なので、電話に慣れるまではいつ電話がかかってきても良いように事前に聞くこと・話すことのシミュレーションを立てておけば、ある程度スムーズに会話を進める事が出来るはずです。

電話対応のシナリオを作成してパターン化する

manfredsteger / Pixabay

仕事やバイト中での電話対応であればその会社に応じて枕詞がある程度決められているケースが多いです。

マニュアルが用意されている場合はその通りに話すことが一番理想ですが、特にマニュアルが設けられていない場合は先輩や上司の電話対応を実際に見て真似てみましょう。

回数をこなすうちに自分なりのスムーズな対応が出来るようになり、自然と電話に対する怖い思いを克服することが出来ます。

メモできる環境を整備しておく

Pexels / Pixabay

電話を怖いと感じる人がバイト中の対応時によく混乱してしまうケースと言えば、相手の名前や会社名ではないでしょうか。

電話の相手によっては聞き取りにくい話し方をする方や、聞きなれない言葉が出てくる場合もあります。

また、電話番号なども一度聞いただけで覚えることは難しいです。そんな予期せぬ自体を想定して、手元にメモ帳などを常備しておく事で多少の余裕が生まれ、怖い感情に対する克服への近道となります。

ずっと文字を見ているとその文字がどんな文字だったかわからなくなることをゲシュタルト崩壊と呼びます。詳しく知りたい方はこちら

NEXT 電話のまわりは整理しておく