ソリッドティップとは?そのメリット・デメリットを徹底解説!

選び方

今はロッドの素材も進化し、チューブラーでもしなやかさを持つものもあればソリッドでハリがあるものもあるので、どちらが良いのかは実際に手に持って判断しないとわからなくなってきました。どちらの利点も生かしつつ、かつ自分に合ったトップを選ぶためには実際に手にとる事が一番でしょう。

ソリッドティップの感度

ソリッドティップはチューブラーに比べて感度が劣るといわれています。その理由は空洞にあります。音や振動は空気を伝わります。アタリがあった場合、空洞の多いチューブラーの方が振動を伝えやすく、感触が分かりやすいのです。かといってソリッドが感度が悪いわけではありません。チューブラーの方が感度がよいというだけで振動は伝わります。小さな振動は感じにくいのかもしれませんが、その分しなやかな先端が目視で動きを捉える事ができるのです。

エギングロッド

エギングロッドとは

エギングロッドとは主にイカを狙うための釣竿のことをさします。餌木(エギ)と呼ばれる疑似餌を使用するスタイル(エギング)でイカを釣るための専門的なロッドのことです。さまざまなメーカーから発売されており、その種類も豊富なためエギングを楽しみたいアングラーを魅了しています。

人気のエギングロッドは?

エギングはロッドを大きく煽る動作、しゃくる動作が多いので軽量のものが好まれています。ずっとしゃくっていると腕が付かれてしまいますからね。長さは8~8.6フィートの長さが妥当です。長すぎるとしゃくりにくく操作しずらいので理想のアクションができなくなるからです。

エギングロッドとソリッドティップの相性

相性はよく、イカの繊細な動きに柔軟に対応できます。チューブラーではラインの張りや、手に伝わる感覚でアタリを待ちますが、強い風が風が吹いているとき、夜間の釣りなど条件が悪い場合には感覚伝わりにくく、テンションを掛けた反応で逃げられてしまう場合もあります。そんな場合にはソリッドタイプのようなしなやかな動きが有利です。テンションをかけてもしなやかなティップやラインが吸収してくれるので、自然な動きが警戒心の強く賢いタイプのイカに不快感、違和感を感じさせず、適しているといえます。

バスロッド

バスロッドとは

その名の通りバスフィッシング専門の釣竿をさします。こちらも多くのメーカーから多様な種類が販売されています。その理由としてバスフィッシングは100年以上の歴史がありファンが多いことから様々な種類があるのです。

バス釣りとは

バスはブラックバスと呼ばれる外来種です。オオクチバス、コクチバスという魚の総称で、このブラックバスを釣る事をバス釣りといい、アクティビティとして好まれています。バス釣りが人気の理由として、その生態にあります。ブラックバスはとても好奇心が強い魚だということです。好奇心が強いので見慣れないものに近寄ってきます。確認のために口に含み、不要なものなら吐き出し繰り返して確認をしています。障害物を好むので、橋や杭などの近くで見かけられます。このことから狙うポイントが分かりやすく、比較的釣りやすい魚だと言えます。またその大きさや性格も関係しています。50㎝以上の大きい個体も珍しくなく、食いついた後の引きの強さから、バス釣りに魅了される人も多いようです。

NEXT 人気のバスロッドは?