ソリッドティップとは?そのメリット・デメリットを徹底解説!

人気のバスロッドは?

キャストしやすい長さを選びましょう。だいたい自分の身長かチョイ上くらいの長さが良いようです。扱いやすく、飛ばしやすくなるのです。硬さはミディアムが初心者には向いています。引きのつよいブラックバスですので、まずは中間くらいの適度な硬さのロッドを使用し、経験を積んでいくのがよいでしょう。

バスロッドとソリッドティップ相性

大型の個体もいるブラックバスを狙うのにソリッドティップは適しているのでしょうか?一般的なチューブラーの方が強度があってよい気もしますが、ソリッドの場合はその柔軟性でブラックバスが違和感なくかつ吐き出されることなく食い込んでくれることでアタリを感じたのにその後音沙汰が無くなったと感じることが多い人にはソリッドが向いているでしょう。しなやかな動きを可能にするソリッドティップがバスの急な動きに対応、吸収してくれるので柔軟なランディングを可能にしてくれます。大きな動きのスイープフッキングに適しており、バスのアタリを引きやすくしてくれます。しかし感度重視で、バシバシ、キビキビとした釣りを楽しみたいと感じている場合にはチューブラーの方が楽しめます。バス釣りに関してはどちらがよいのか好みに分かれますので、あなたがどのような釣りをしたいのかで使い分けてもよいでしょう。

カワハギ竿

カワハギ竿とは

カワハギ竿とはその名の通り、カワハギを釣るのに適した竿のことです。カワハギは小さい魚でアタリを感じることが難しいとされています。その理由は小さな口で餌をついばんで食べるため、針がかかりにくいことにあります。そのため、カワハギがかかりやすい竿として、長さ2メートル前後のロッドや、アタリを分かりやすくするための先調子と呼ばれる先端に支点をおいたロッドが適しています。

カワハギ竿とソリッドティップ

カワハギ釣りはアタリが分かりやすく、しなやか差が必要であることがわかりました。そのためソリッドティップのしなやかさと柔軟性、食いついた時の穂先の変化に気が付きやすく、わかりやすい利点がとてもよい相性といえます。

ソリッドティップは壊れたら修理はできるの?

専門店へ相談

保証期間内なら費用も掛からず修理可能ですが、保証が切れてしまった場合、修理にはかなり費用が掛かります。高級なロッドを使用していたら新品を購入するのと変わらない、または新品の方が安い場合もあります。まずは専門店へ相談してみましょう。

自分で補修

ティップ部分のみの修理でしたら自分でも補修可能です。ソリッドティップは専門店でも購入できますが、インターネットでも購入が可能です。インターネットで検索してみると修理の方法を画像付きで丁寧に解説し、YouTubeなどの動画サイトで説明しているものが見つかります。修理するものは完全に復元できるわけではありません。感度や感覚が異なる場合があります。ですが、補修した方がしっくりきたなんて場合もあります。愛用のロッドなのですから、修復後も愛用してあげましょう。

まとめ

ソリッドティップ、は中身が詰まったしなやかな動きをするロッドですが、その素材や性能は常に進化しています。チューブラーと比べて感度が低いと言われているのも、近い未来そう変わらない感度を実現させるかもしれません。実際に感度や使用感は使ってみなければわかりません。自分の好み、釣り方、相性など釣りに求めるものが人それぞれ違うように、ロッド、トップ、ラインなど自分に合うものを見つけていくしかありません。今後もアングラーにとって釣りが生活を豊かにしてくれるアクティビティであり続けることを期待します。