【宮野裕史/横山裕史】コンクリ事件の犯人の生い立ちから現在と再犯など

宮野裕史は1988年の世間を震撼された綾瀬女子高生コンクリート事件の主犯格です。事件当時未成年だったため、軽めの刑罰が下りました。この記事ではコンクリ事件の概要や出所した宮野裕史や他の犯人の現在と再犯の内容や家族や生い立ちについてご紹介します。

この記事をかいた人

趣味は、読書、映画鑑賞、漫画、アニメ、動画投稿サイト閲覧、麻雀、チェス、料理、家庭菜園、養蜂、旅行、ドライブ、歴史、民俗研究、ネットオークション、カクテルなどです。日本各地に移り住み、仕事やアルバイトもいろいろとやってきました。

宮野裕史とは?

isabellaquintana / Pixabay

みなさんは「宮野裕史」という名前をご存知でしょうか?平成の犯罪史上、もしくは日本の犯罪史上において、トップレベルに極悪非道と言われる事件の犯人の名前です。この事件自体は、当時多くのメディアで大々的に取り上げられ、全国的に知れ渡ることとなりました。その知名度は、30年たった現在でも、人々の口の端に上るほどです。

女子高生コンクリ殺人事件の主犯格の元少年

3839153 / Pixabay

宮野裕史が起こしたのは「女子高生コンクリ殺人事件」と呼ばれている事件です。被害者は、当時まだ17歳の女子高校生でした。彼女は、犯人のグループに拉致監禁された上、長期間にわたり凌辱と暴行を受け、最終的には殺害されて遺体を遺棄されるという、あまりにも悲惨な最期を遂げてしまいます。

鬼畜の所業とも言われるこの犯行の実行者は、当時16歳から18歳だった少年4人でした。そして、グループのリーダー的存在であり、事件の主犯格であったのが宮野裕史です。

宮野裕史が主犯格の女子高生コンクリ殺人事件の概要

stux / Pixabay

宮野裕史を筆頭とする少年らの起こした「女子高生コンクリート殺人事件」とはどのようなものだったのでしょうか。鬼畜の所業とまで言われた、その凄惨な犯行の全貌について、改めてまとめます。

1988年、東京都で事件発生

出典:PhotoAC

昭和が終わりに近づく1988年の11月25日、宮野裕史と不良仲間の湊伸治(当時15歳)は、自転車で帰宅途中だった見ず知らずの女子高生を誘拐。彼女を強姦します。

それだけでは飽き足らず、二人は彼らが溜まり場にしていた東京都足立区綾瀬にある、湊の自宅に被害者を連れ込みます。その後、同じく不良仲間の小倉譲(当時17歳)と渡邊泰史(当時16歳)も加わって、彼女に凌辱の限りを尽くしました。

約40日間に渡り女子高生を監禁、凌辱し続けた

isabellaquintana / Pixabay

宮野を筆頭とする犯行グループは、一度や二度の強姦で彼女を解放することはありませんでした。2階にある一室に被害者を監禁し、何日にもわたり、彼らの性欲の捌け口として利用したのです。のみならず、被害者に度重なる暴力をふるい、苦しむ彼女の姿を見て面白がりました。

シンナーや飲酒を強要したり、陰部に異物を挿入したり、体に火を付けたりと、その内容は筆舌に尽くしがたい悲惨なものです。中でも顔への暴行は酷いもので、腫れ上がった彼女の顔は、別人のように変形してしまったと言います。恐怖と障害によって逃げ出すことができなくなった被害者は、この状況で約40日もの間、監禁され続けました。

女子高生の遺体をコンクリート詰めにして遺棄

annawaldl / Pixabay

年が明けてすぐ、1月4日に、少年らからの激しい暴力を受けて、被害者は死亡しました。4人は犯行の隠ぺいするため、彼女の遺体を処理する算段を立てます。

出典:PhotoAC

まず、彼らはセメントやドラム缶などを調達し、遺体を旅行鞄に詰めました。次に、ドラム缶に遺体入りの鞄を入れ、さらにセメントを流し込みます。そうしてコンクリ詰めになった遺体を、江東区の埋め立て地に遺棄したのです。

この事件は、彼らが別件で逮捕された際の取り調べにより発覚しました。1989年3月29日に遺体を発見。その後、犯行に関わった4人は裁判にかけられます。容疑は、誘拐、監禁、強姦、暴行、殺人、遺体遺棄などです。

女子高生コンクリート殺人事件の判決は?

succo / Pixabay

犯人はいずれも16歳から18歳の未成年ではありましたが、犯行の悪質さから成人による刑事事件と同じ裁判が執り行われました。検察は主犯格の宮野裕史に対して無期懲役を求刑します。世間からも、厳罰を求める声が大きく上がっていました。しかしながら、2年に及ぶ裁判の結果、宮野裕史に下された刑は懲役20年というものです。

他の3人も、数年程度の懲役が課せられるにとどまりました。加害者の両親から遺族に対して支払われた慰謝料や、被告人が謝罪を述べ反省の色を見せたことが加味されたようです。とはいえ、彼らが成人していたならば、この程度の刑罰では済まなかったとも言われ、「罪の重さに似合っていない」という非難の声は未だに各所から聞こえるところです。

映画化もされたコンクリ事件

NEXT 映画化もされたコンクリ事件