高橋一生の弟はネバヤン・安倍勇磨!似てない原因は壮絶な生い立ちのせい?

高橋一生の弟【五男】

DesignNPrint / Pixabay

五男は成人を迎える年齢であり、紹介で寿司職人になったといわれています。

本当かどうかは定かではありませんが、もし寿司職人なったとのであれば、兄弟そろって五男が握る寿司を食べに行くなんて言う機会もありそうです。

いつか立派な寿司職人になって美味しい寿司を握ることでしょう。メディアで高橋一生が寿司のお店を紹介する日がいつか来るかもしれません。

高橋一生の父親の現在は?

wondermar / Pixabay

前述したように血が繋がっていない2番目と3番目の父親はすでに他界してしまっていますが、実の父親はまだ生きているのでしょうか。

実はウワサでは業界人であるとも言われているのです。父親の現在について迫っていきます!

死亡説?

FelixMittermeier / Pixabay

一部の間では高橋一生が物心つく前の幼気な頃にすでに死亡しているという説があり、遠い昔に死亡していると言われています。もし本当であればその事実を本人は知っているのでしょうか?

生きていてタイ料理屋を経営?

41330 / Pixabay

一方でSNSのFacebookに高橋一生を応援する投稿があった、日本の最北端に位置する北海道に存在していたタイ料理屋の店主として経営しているウワサもあります。

現在はその店が存在するかも定かではなく、例の店専用のFacebookページも削除されています。

高橋一生の学生時代・母校はどこ?

DariuszSankowski / Pixabay

先ほど解説した通り、兄弟たちは、子供のころから複雑な問題アリな家庭環境で育ち、苦労していましたが学生時代はどんな学校で過ごしたのでしょうか?

こちらでは高橋一生の母校をご紹介します。

「港区立青南小学校」

東京都港区南青山に存在する、設立されて100年以上経つ歴史ある「港区立青南小学校」に通っていました。

ミュージシャンのオノヨーコ、モデルの奥村ナナといった多方面で活躍する多数の著名人を輩出しています。

「港区立青山中学校」

東京都港区北青山に存在する、戦後間もない昭和22年に設立された公立の「港区立青山中学校」に通っていました。

女優の薬師丸ひろ子の母校としても知られています。

「堀越高校」

東京都中野区中央に存在する、芸能人を志す生徒が多く通う私立の「堀越高等学校」に通っていました。全日制の通学が困難なためのカリキュラムによる2つのコースが存在します。

NEXT 高橋一生のように弟がミュージシャンである俳優