亜細亜大学は恥ずかしい?やばい?誰でも入れる??3つの口コミから徹底検証

亜細亜大学は野球部が厳しいという声

多くのプロ野球選手を輩出している亜細亜大学。そんな亜細亜大学の野球部は厳しいことで有名との声がありました。

阪神の赤星はどんだけ金積まれても亜細亜大学野球部には戻りたくないって言ってるぐらいだし、相当厳しいんだろうな...>RT

引用:X

上記のように、プロ野球選手ですら、亜細亜大学野球部には戻りたくないと言っているほど、厳しい生活が待ち受けていることが分かります。

ただし、プロ選手を輩出していることからも分かるように、厳しい環境に身を置くことで身体的・精神的に成長できることは間違い無いでしょう。亜細亜大学野球部に入部を考えている方は、相当の覚悟を持つことが求められます。

亜細亜大学は意外に頭いいという声

亜細亜大学は意外に頭が良いとの声もありました。

亜細亜大学は外国語教育に力を入れていることもあり、語学力堪能な学生が多いと考えられます。そのため、入試難易度が同程度の大学よりも、頭が良いと言う印象を持たれていると考えられます。

さらに、「一芸一能入試」によって、優れた能力を持つ学生が在籍していることからも、「亜細亜大学は意外と頭がいい」との印象を持たれていると考えられます。

亜細亜大学の入試事情と対策まとめ

F1Digitals / Pixabay

亜細亜大学の入試方式は以下の通りです。

  • 公募推薦入試
  • 総合型選抜入試
  • ホスピタリティAO入試
  • ホスピタリティ入試
  • グローバル人材育成入試
  • スポーツ・文化活動入試
  • 一般入試
  • 大学入学共通テスト利用入試
  • 全学統一入試
  • 外国人留学生入試
  • 編入学試験
  • 社会人編入学試験

上記のように、亜細亜大学の入試方式はさまざまです。自分が合格しやすい入試方式を選び、対策していくことが重要です。

例えば、公募推薦入試を利用して受験する場合、評定平均が3.2以上(データサイエンス学科の場合は数学の評定が3.5以上)であることが条件となっています。そのため、授業に積極的に参加し、定期テストで良い点数を取るなど、評定を上げる工夫をする必要があります。

また、大学入学共通テスト利用選抜を利用する場合は、大学独自の試験を受けずに、大学入学共通テストの結果で合否の判断が行われます。そのため、大学入学共通テストで良い点数を取るための勉強が必須です。

一般選抜の場合は、大学独自の試験を受ける必要があります。大学のホームページで受験科目を確認し、過去問などを解きながら対策していくことが必要です。学部によっては、数学が必要な場合もあるため、自身が受験する学部の試験科目を確認し、早めに対策を進めておくことがオススメです。

上記のように、東京農業大学にはさまざまな試験制度が設けられていることから、対策の方法もさまざまです。自身にあった受験方式を選び、早めに対策を進めましょう。

NEXT まとめ