カレイってどんな魚?生態からレシピについて【Picture book】

ヒラメ

口と歯がとても大きいのが特徴的なヒラメは、カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種です。目があるのは体の左側にあることからヒラメと認識ができます。砂に身を潜めて頭を出していますが、潜らないときは体の色を変えて海底と同じ色にします。ヒラメを釣る際に、小魚や俊敏な動きができるルアーを使います。

 

釣り方ポイント①

場所

カレイは砂地の海底を好んで生息しています。海水浴場でも人が全くいない場所であれば絶好のカレイ釣りポイントとなります。冬の海水浴場は特に狙い目なので、釣り人に好評です。投げ釣りならば、テトラポッドのすぐ近くの沖のほうも潮の変わり目に食いついてくることが多いので、実践していきたいところです。

時期

基本的にはいつでも釣れます。特に釣れる盛期と言われているのは、11月下旬から4月上旬です。「花見カレイ」とも呼ばれる大型を釣ろうと思ったら3月から4月がおすすめです。釣りやすい時間帯は朝と夕方と言われています。

釣り方ポイント②

おすすめタックル

カレイ釣りの仕掛けは大きく分けて投げ釣り用と船釣用の2種類があり、主に「力糸、天秤、オモリ、針、装飾品」の釣具で構成されます。釣具もたくさんの種類がありますが、その中でもおすすめのタックルをご紹介します。

投げ釣り

カレイは置き竿スタイルが基本のため、遠近に投げ分けてポイントを探れるようにタックルは2~4セットと複数用意するのがおすすめ。竿は投げ専用で、オモリ負荷25号以上の4m前後の丈夫なものが望ましいです。ラインはナイロンの3~5号で、オモリは20~40号がよいです。テーパーラインの力糸は3~12号でラインとつないでおきます。天秤はアタリを楽しむなら遊動式、飛距離重視ならば固定式のものを選びます。

針は流線状の9~15号を目安にし、釣れるカレイのサイズによって使い分けます。ハリスは3~5号で、モトスは5~8号を用います。針数は2本を基本としエサを大きく付けて目立たせますが、エサが大きすぎると空気抵抗は大きくなり飛距離が落ちます。装飾はビーズや発光玉などを使います。

船釣り

船からのカレイ釣りでは置き釣りもありますが、待つのではなく誘い入れる攻めのスタイルでゲーム性が高い「小突き釣り」が主流となっています。タックルの揃えやすさが魅力で、小突き釣り専用のロッドはありますが、カワハギ用などほかの釣りのタックルでも十分狙えます。

穂先が先調子の竿が船釣りに適しています。ベストは小突き釣り専用竿ですが、オモリ負荷30~50号の先調子の竿と100~200番台の小型両軸リールがあれば問題ありません。オモリは20~35号のものでラインはPEの1~2号を100mほど巻いておけば十分です。ナイロンでも問題ありません。天秤は片テンビンの10~15cmぐらいのものがよいです。ハリスは2~3号、針はカレイ用針の10~11号を使います。全長がだいたい80cm前後になるのがおすすめです。

釣り方ポイント③

NEXT エサ