ユニフレームのフィールドラックがおしゃれで人気!天板や注目アイテムをご紹介

フィールドラックの天板の使い方!

フィールドラックの上にのせる

フィールドラックは、もともと上面が網状になっていますが、天板を一緒に使うこともできます。その天板の使い方ですが、いたってシンプルで、フィールドラックの上にのせるだけです。そうすることで、使い方の幅も広がりますよ。フィールドラックの天板の活用例を次にご紹介していきますね。

フィールドラックの天板の活用例!

テーブル、調理場として活用

フィールドラックに天板を乗せると、テーブルや調理場として活躍します。テーブルになるので、フィールドラックを何個も持っていき、そのうちの何個かをテーブルにしてしまえば、テーブルを持っていかなくてよくなり、荷物も減りますね。

また、天板の上で食材を切ったりもできるので、調理場としても活躍してくれます。フィールドラックの安定感も抜群ですし、怪我をすることもないでしょう。実際、このように使っている方が多いようなので、使ってみるといいですね。

棚やスタンドとして活用

また、フィールドラックと天板を合わせると、棚やスタンドとしても活躍します。天板がなくても棚やスタンドになったりするのですが、天板があれば尚いいですね。いつくかのフィールドラックを積み重ねて、1番上のフィールドラックにだけ天板を乗せれば、簡易キッチンにもなりますよ。

その他、焚き火のそばに置いておいても大丈夫なので、やはりアウトドア時には重宝するものです。考え方次第でその用途はまさに無限大!何個かあれば活躍の場面も、もちろん増えるので、何個か持ってアウトドアをさらに楽しみましょう。

フィールドラックの天板は自作できる?

天板は自作できる

先程からフィールドラックと一緒に使う天板についてご紹介していますが、実はこの天板は購入しなくても、自分で作ることができます。その天板の作り方はこの後ご紹介しますが、自分で作れれば唯一無二のものができて、いいですよね。あなたも作ってみましょう!

フィールドラックの天板自作方法①

ベニヤ板を切る

フィールドラックの天板の作り方をご紹介していきますが、その前に使用するものをご紹介しておきます。「ベニヤ板、油性のウレタン塗料」、「ノコギリ、彫刻刀、紙やすり、カンナ」です。やはり本格的な工具などがありますが、購入するなどして揃えてくださいね。

それでは、天板の作り方工程の1つ目である「ベニヤ板のカット」。これはとても簡単で、ベニヤ板を切るだけの作業です。ノコギリでカットしますが、斜めになってしまったりするのが気になる方は、ホームセンターでカットしてもらうこともできるので、たのむといいでしょう。

形状出し

フィールドラックは、基本的に角が丸くなっているので、その角の形状にベニヤ板を削る必要があります。紙やすりで簡単に削ることができるので、フィールドラックの形に合わせながら、削っていきましょう。細かいところは、彫刻刀で削るといいですよ。

そして、最後にカンナでキレイに整えます。ベニヤ板は扱いやすい素材なので、簡単に削ることができるので、初めての方でも比較的簡単に形状出しができると思います。この時にしっかりとフィールドラックの形に合わせながらやることを注意がけておきましょう。

NEXT フィールドラックの天板自作方法②