アンタレスDCMDの最新インプレや性能をチェックしよう!みんなの評判は?

シマノから2018年春に発売された「18アンタレスDCMD」はもう手に入れましたか?前モデル「16アンタレスDC」から進化した「18アンタレスDCMD」。よりストレスフリーに楽しめる海水対応18アンタレスDCMDの性能をユーザーのインプレと共に紹介します。

この記事をかいた人

18アンタレスDCMDユーザーのからのインプレ

シマノ最高のベイトリールと言っても過言ではない

淡水にも海水にも対応し、軽量なルアーから重量級ヘビキャロのキャストまでカバーできるのでまさにオールラウンダーなベイトリールと言えます。この性能だけでもかなりのアングラー達を満足させることができます。

・XGの快適さがすごい

・重いルアーが快適かつ超ぶっ飛ぶ

・軽いルアーでも7g以上なら全然飛距離が出る

・XBモードは16アンタレスDCのXモードよりも実用的

・使えば使うほど他のリールに戻れなくなる

(引用:コスパマン改の超実践ブログ)

18アンタレスDCMDおすすめの使い方

大型のルアーでガンガン責められる

今までのアンタレスは淡水での使用しかできず、海水に対応していないため海釣りには使用できませんでした。ですが18アンタレスDCMDは海水にも対応しています。18アンタレスDCMDを手に入れたなら是非海で大型海水魚を狙っていきましょう。

淡水での釣りをメインにしている方ならビッグベイトでバスを狙ってみてください。キャストするにはコツが必要なビッグベイトですが18アンタレスDCMDはライントラブルを自動に抑えてくれます。そのおかげでバックラッシュを恐れずに思いきりキャストができます。

18アンタレスDCMDの特徴とインプレ

アンタレスファン待望の海水使用可能に

世界中のモンスターと戦える、というのが18アンタレスDCMDのコンセプトです。アンタレスファン待望の海水対応となり、淡水の大型魚だけでなく海の大物ともエキサイティングなパワー勝負が楽しめます。

16アンタレスDCよりも長くなったパワーハンドル

16アンタレスDCのハンドルは43mmでしたが18アンタレスDCMDでは45mmとわずかですが長くなっています。わずか2mmの差ですが実際に大物と勝負した際にこのハンドルの恩恵に与ったというインプレが上がっています。

パワー勝負になった時に力強く巻き取れるのは大きいメリットです。とても安定感があり、内蔵されたマイクロモジュールギアのおかげで感度も抜群に良くなっています。大物との勝負がより楽しくなることうけあいです。

アンタレス史上最大スプール径

16アンタレスDCと比較するとスプール幅が36mmから38mmと大きくなりました。それにより巻き取り量が増え、より飛距離が出せるようになっています。キャストした後もスプール幅が大きくなったことで高速での巻き取りが可能でストレスを感じさせません。

スプール径が大きいことから重量級ルアー専門なんでしょ、というイメージを抱きますが一概にそういうわけではありません。小型のルアーを飛ばせる力も十分にありますので意外とオールラウンダーなのです。

18アンタレスDCMDの使いどころ

NEXT 18アンタレスDCMDの使いどころ