関西の高級魚マナガツオとは?特徴やおいしい食べ方をご紹介!

マナガツオのおいしい食べ方とは!

京都では海から遠いため、カツオが手に入りにくく、このマナガツオをカツオの食べ方の膾(なます)にして、カツオの代わりに食していた。当時は生の身を細切りにして、和えて食べていたとみられる文献があります。

傷みやすい魚は酢で〆るか酢味噌和えにして食する

カツオそのものも、傷みやすい魚のため、酢で〆て食べる習慣は今でも残っており、カツオに限らずさんまの刺身なども、少し古くなったものは酢で占めるか、みそと酢で〆て食べる酢味噌和えなどの食べ方もあります。またカルパッチョも美味しい食べ方の一つです。

マナガツオのおいしい食べ方のレシピにはどんなの?

マナガツオは、なんといっても刺身が一番ですが、カツオやサバと同じで鮮度落ちが早い魚なので、鮮度の良いものにありつけないのが実情です。そのため刺身を食べるには地元の魚を求めて食べるのが一番です。なおマナガツオは皮が剥きにくいのですが、その身は白身で癖がなく柔らかです。そして脂肪も少なく味はあっさりしています。

刺身以外でも、こんな食べ方が!

そして照り焼きやみそ漬けも絶品で、あらは煮つけにすると美味しく食べられ、捨てることが少ない魚です。これは高級魚に共通した魚の特徴です。ただマナガツオには、独特の香りがあるため、人によっては好まれない事があります、ただ身自体にはクセがなく、繊維感もなくやわらかです。

マナガツオは刺身が最高

マナガツオのおいしい食べ方は、なんといっても刺身が最高です。新鮮なマナガツオが手に入れば3枚におろして刺身にしましょう。うろこは小さく剥がれやすい魚なので刺身にするのは割と簡単にできます。

マナガツオの西京焼きはおいしい

マナガツオは焼き物にして食べてもおいしいのですが、身そのものが淡白なため面白みにかける魚です。そのため焼き物にするなら、幽庵焼きにするか味噌漬けにして焼いて食べる西京焼きにすると美味しくいただけます。

マナガツオの煮つけ

マナガツオは煮物にしても食べられますが、本来、身から出汁がでる種類の魚ではないため、そのままではおいしく戴くことができません。そのため味噌を入れて煮るとおいしく戴くことができます。

マナガツオのから揚げ

マナガツオはから揚げで食べるのが最高で、香ばしさとマナガツオの身がもつ本来のおいしさを味わうことができます。身をフライなどにするのも美味しいのですが、から揚げに比べると味は劣ります。アラもから揚げにすると美味しいです。

NEXT マナガツオには寄生虫はいないか?