ライトショアジギングロッドおすすめランキング20!シーバスロッドで代用はできるの?

ライトショアジギングは初心者でも行いやすい釣りとして、多くの方に親しまれています。そんなライトショアジギングの要であるロッドは、選び方で釣果も大きく変わってきます。この記事ではより快適な釣りを行うのに最適なロッドの選び方とおすすめを紹介します。

この記事をかいた人

釣りが好きというより、生まれた環境が海辺でした。物心ついた時から、小学校が休みの時は伝馬船の上から、糸を垂らしていたりしていました。社会人となって初めて就いた職場も海の上でした。

目次

ライトショアジギングとは!

一般的にライトショアジギングと言われている釣りは、回遊する青魚や根魚などを狙う釣りの方法で、ジグと呼ばれる擬餌針を使って釣る方法です。ショアジギングに使われる擬餌針より小さいものを使うため、手軽にできるため人気が出ている釣り方です。

ライトショアジギングとはメタルジグを使用した釣りのこと

一般的な釣りは、釣り針に餌を付けて魚を釣り上げますが、ショアジギングやライトショアジギングは餌の代わりに、ジグと呼ばれる擬餌針を使い、回遊する魚を狙う釣り方で、生の餌を使わないため手が汚れません。

ライトショアジギングはキャストやアクションがたくさんある

ライトショアジギングの釣りは、回遊する魚を釣る方法で餌となるジグを、回遊する魚の通り道に投げ入れます。このジグを投げる動作をキャスティングといい、竿を操ってジグにアクションを与え魚に本物と餌と間違わせて釣りあげます。つまり、このキャスティングとロッドアクションを繰り返し行うことで魚を釣ります。

ライトショアジギングは初心者におすすめ

ショアジギングでは重いジグを使い、キャストとロッドアクションを魚が食いつくまで繰り返し行います。そのためジグが大きなジギングでは、初心者にはかなり体力を使います。このためジグが軽く、竿も軽く疲れにくいライトショアジギングは、初心者におすすめな釣りなのです。

ライトショアジギングロッドの選び方

ライトショアジギングで釣りに使う竿を選ぶ基準には、長さ、硬さ、適合ルアー、PEライン適合と色んな条件があります。また、狙う魚の大きさや釣り場の状況や足場などを考えて選択することが必要です。

ライトショアジギングロッドは軽量のものを選ぼう

ショアジギングは竿のキャスト、そしてロッドアクションを繰り返し行って魚を釣り上げる釣り方です。狙う魚が小さいライトショアジギングでも同じ動作が必要なことは勿論で、またジグそのものも20g~60gまでの小型のものを使うため、竿もそれに見合った軽いものが適当です。

ライトショアジギングロッドの長さは9~10フィート

ライトショアジギングに使うロッドの長さは、釣りを行う場所で長さは変わってきます。釣り場が堤防の時は使いやすい9フィートが良く、砂浜などの場合は遠投が必要のため10フィートのロッドが必要です。

ライトショアジギングロッドはPEラインに適合するものを!

NEXT ライトショアジギングロッドはPEラインに適合するものを!